アンプがあるところで


昨日今日くらいから、関東は秋の気候に変わったようで、過ごしやすい気温がうれしいです。

先月、今月とちょろちょろとクラシック以外のジャンルを演奏することがつづきました。

吹奏楽〜クラシックではないジャンルの時にはアンプで音量を上げる場面が結構ありますが、クラシックよりも音響のシュチュエーションのバリエーションが多く、大音量にかき消されて自分の音が聞こえづらいこともよくあります。音色・音量・音程・他の楽器との混ざり方などの判断が難しく、いろいろ試行錯誤に時間がかかりましたが、最近は、なんとなくステージは変わっても、ある程度、聴く・感じることのできるポイントは必ずどこかにあって、それが分かるようになってきてからはスタミナも削られにくくなっているように思います。

日頃、レッスンをしていると、生徒さんに説明することも多いのですが、生徒さんの話からヒントをもらったり、生徒さんの悩みの解決法を一緒に考えるなかで、いままで考えていなかった気付きがあって、それが自分の演奏にもいい影響があって、またそれをレッスンで還元するということもとても多いです。

アンプがある場所での演奏のなかでも、レッスンのなかで得たいくつかのヒントが役に立っています。生徒さんと一緒に自分も上達する、それを生徒さんのレッスンで伝えていけるという循環はとても幸せで、ありがたいなあと思います。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ