アンプがあるところで


昨日今日くらいから、関東は秋の気候に変わったようで、過ごしやすい気温がうれしいです。

先月、今月とちょろちょろとクラシック以外のジャンルを演奏することがつづきました。

吹奏楽〜クラシックではないジャンルの時にはアンプで音量を上げる場面が結構ありますが、クラシックよりも音響のシュチュエーションのバリエーションが多く、大音量にかき消されて自分の音が聞こえづらいこともよくあります。音色・音量・音程・他の楽器との混ざり方などの判断が難しく、いろいろ試行錯誤に時間がかかりましたが、最近は、なんとなくステージは変わっても、ある程度、聴く・感じることのできるポイントは必ずどこかにあって、それが分かるようになってきてからはスタミナも削られにくくなっているように思います。

日頃、レッスンをしていると、生徒さんに説明することも多いのですが、生徒さんの話からヒントをもらったり、生徒さんの悩みの解決法を一緒に考えるなかで、いままで考えていなかった気付きがあって、それが自分の演奏にもいい影響があって、またそれをレッスンで還元するということもとても多いです。

アンプがある場所での演奏のなかでも、レッスンのなかで得たいくつかのヒントが役に立っています。生徒さんと一緒に自分も上達する、それを生徒さんのレッスンで伝えていけるという循環はとても幸せで、ありがたいなあと思います。


最新記事

すべて表示

アニメ

ご依頼いただいた方から告知の許可をいただきましたので、お知らせさせていただきます。 今月スタートのアニメ「闘神機ジーズフレーム」にてトランペットを演奏させていただきました。 まだ僕もストーリーなどはわからないのですが、音楽はどれも素晴らしく、美しい曲、カッコいい曲ばかりで、僕自身も楽しみにしております。 ぜひご覧ください。 ******************************* 「闘神機ジ

87人

今日の東京都の新型コロナウイルスの新規陽性者数は87人でした。 毎週月曜日は陽性者の数は少なくなる傾向ですが、2ケタになったのは11ヶ月ぶりだそうです。 ワクチン摂取が進んだことや変異株などのこともあるので最近は陽性者数だけでなく複数の指標を見ながら状況を判断していくということですが、素人の自分としては87人という数字は「減ったなー」という感覚です。 夏に5000人を超えたところから考えると少しホ