響け!


去年放映された アニメ「響け!ユーフォニアム」は、生徒さんだけでなく、音楽業の友人達も含めて、吹奏楽をやる人達にも見ている人が周りにたくさんいましたが、続編が、今月からスタートしました。

楽器それぞれの複雑な形状を丁寧に書き込むだけでなく、楽器ケースの使い込まれた感じもリアルに表現されていてビックリしたのですが、使われている音源が生だったり、木管はわかりませんが、トランペットは音と指使いが一致していたりで、「そこまでやってくれるんだ!」と感動しました。

(トランペットソロもとってもうまいです)

顧問が変わって部の方針がかわり、気合が入る人、戸惑う人、部を去る人、去年の部のレベルを知る他校生が演奏を聴いて驚く場面、吹奏楽部にいた人なら経験したことがあることがいくつも入っていました。

僕は音大受験に加えて顧問の先生の方針が合わず同級生よりも少し早く部活を辞めてしまいましたが、それでも吹奏楽部、吹奏楽はいいものだなと今でも思います。

今回の続編も人気がでて、吹奏楽がますます盛り上がってくれたら、楽器を、吹奏楽を始める・再開する人が増えたらいいなぁと思います。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ