top of page

盗む


本日届いた迷惑メールの冒頭が「資金的にお困りと聞きましたのでご連絡しました。」でした。まったく余計なお世話でテンション下がりぎみです(笑)

レッスンのときには、言葉だけの方もいるそうですが、僕もなるべく吹くようにしてまして、それは、やっぱり音楽なので、言葉以外からも感じることは多いと思うからなのですが、吹いている時、口元や指、身体の使い方を見ている視線を感じることがあります。これ、とても良いことだと思います。

ちょうど、先日、師匠がweb上で、こんなことを仰っていました。

「いまの子は与えられるのを黙ってまっているように感じる。でも、プロにはラーメン屋のタレや、料亭のだしの様に、なんの分野でも血の滲むような努力で得た部分は簡単には教えられないことがあるので、そこは盗むことが大切」という内容でした。これは、僕も大学のときに痛感したことでした。

僕のレッスンでは必要なことは伝えていますが、それでも言葉ではうまく伝わらないことというのもあると思います。そんな部分はぜひ、言葉以外の部分から持って帰ってほしいなと思いながら、同じ楽譜を吹いてみたりしています。なので、そんな時、こちらを観察する視線を感じると、「上手くなりたい」というエネルギーを感じて、嬉しくなります。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page