top of page

アンサンブルの楽譜


この時期のレッスンでは、アンサンブルコンテストに出るための楽譜を持ってくる生徒さんもいらっしゃいます。

僕の中高時代には記憶にないのですが、最近は”フレキシブル楽譜”といった種類のアンサンブル用の楽譜が出版されて、このタイプの楽譜に取り組む生徒さんもいらっしゃいます。

フレキシブル(柔軟性)をもった楽譜。例えば8人で演奏するということは決められているのですが、このパートはフルートで演奏してもいいし、クラリネットでもいい。このパートはトランペットでもサックスでもいい。のように、なんの楽器で演奏するか、厳密な指定がない曲として書かれています。

これはおそらく、吹奏楽連盟のアンサンブルコンテストは人数指定と、各学校からの出演可能団体数が決まっていることに対して、なるべく多くの生徒に出場してもらいたい、部員の担当楽器で出来る編成の楽譜を探すことが難しいなどのニーズから産まれた楽譜なのかなと思っています。

僕もなるべく多くの子どもたちに、アンサンブルの楽しさを経験してほしいと思うので、この楽譜の形式についてはあっていいのではとは思うのですが、反面、練習するのが大変そうだなとも思ってしまいます。

通常の楽譜であれば、作曲家はどの楽器にどの音を出させるかは決めているので、その楽器の特性「なにが得意でなにが苦手か」「いちばん豊かに響く音域はどこか」「どの楽器と混ざるとどんな響きになるか」など、知識と経験をもとに作曲家がある程度の品質のものになるであろうことを確信して書いているのですが、楽器を変えていいとなると、そういった「特性を活かす」「音をブレンドする」ことを奏者側でしっかりやらなければ通常の楽譜にくらべて、まとまりに欠ける演奏になる可能性も高くなってしまいます。

こういった部分まで考えて曲を選び、練習をするなら、それはとても良い勉強になるとは思うのですが、中高生では、やはりちゃんと指示を出す人がいなければ、これはなかなか大変だなぁとも思ってしまいます。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

bottom of page