ピコピコ


先月くらいに小さいファミコンが発売されましたね。

ゲームが30本入っていて6000円代ということで、現在は品薄になっているそうです。

僕の友人にも手にいれた人がいたようで、楽しそうです。

デザインはほぼファミコンで(カセット部分は開閉しないようです)価格も手頃なので、物欲が湧くのですが、なんとなく数回起動したらその後は部屋のインテリアになってしまうような気もします。

それでもレビュー動画なんかを見ていると、それだけで今まで忘れていたような風景や会話の記憶がふっと蘇ったりして、ちょっと感動的でした。

誰かが言っていましたが、今も昔もゲームの時間は制限されている家庭は結構あって、たまに制限なく使い放題の同級生がいるとそいつはヒーローとして、その家にはひっきりなしに友達が遊びにいく現象はどの地域でもあったようです。

最近はスマホでもゲームができますが、興味が薄れたのか何時間もずっとゲームをし続けるっていうことが出来なくなってしまいました。

もう一度くらいは最新のキレイなグラフィックでひとつのゲームにハマってみたいなと思ってしまう今日このごろです。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ