発表会間近1


今年も残すところ1ヶ月を切りまして、ちらほら忘年会も始まってきました。

逆にインフルやノロなんかも流行ってきているようで、健康面でも気を使う季節です。

それはそれとして、今月末は当教室の発表会があり、昨日は出演される生徒さんたちの伴奏合わせでした。

普段練習している曲も、それが仮に伴奏音源を持っていたとしても、生の楽器と合わせることでしかわからないことが沢山あります。

昨日の合わせでも生徒さん自身でも発見があり、聴いていた僕も個人レッスンだけでは見えなかった生徒さんの得意不得意がすこし見え、有意義な時間でした。

トランペットはなかなか音を出すのが大変な楽器なので、発表会をやるとなっても、参加をためらう方もいるのですが、やはり、人前で演奏して分かること、その編成だから分かることというものはあると思います。それは口頭での説明では伝えるのが難しいことでもあるので、毎年一人でも多くの生徒さんに参加していただきたいなぁと思ってお誘いしています。

なにはともあれ、あと1ヶ月弱、たくさん練習して、本番を楽しんでいただけたらと思っています。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ