top of page

宿題


先日、学生さんの体験レッスンを行ったときに、レッスン終了後にお母さんから「こちらの教室は宿題はありますか?」との質問をいただきました。

僕の中の習い事のイメージは、基本的に練習したことを教室で確認、修正するというものだったので一瞬、面食らってしまいましたが、たしかに今の学生さん、特に都内の学生さんは僕の頃や地域に比べると学校の宿題や複数の習い事も抱えとても忙しそうです。

部活でも新曲の譜面が配られれば譜読みやパート練習、合奏など部活動の時間の中でやらなければいけないことも多いです。そこにレッスンの宿題が加わるとなれば、負担は増えるので心配にもなるのだろうなと思いました。

その辺の事情も飲み込んだ上で、お母さんには「宿題はあります」とお伝えしました。

何事もそうですが、その場でコツを伝えて改善する部分も多々あるのですが、やはりトランペットも時間をかけて習得するものはたくさんあると思っています。

まして吹奏楽をやっていて、その上でレッスンを受けることを検討されているということであれば、今より上手りたいと同時に部や、パートに対しても貢献したいのではないかと思うのです。

もしそう考えているのなら、今部活で練習していることよりはやることはどうしても増えることになります。今通っていただいている学生さんたちも、部活の活動のスケジュールによって緩急をつけながら、僕との課題も取り組んでもらっています。

語学を勉強するときに文法や単語を勉強するのは、その引き出しが様々な会話、表現の中で使われるからで、音楽も、基礎力を上げることで今まで演奏できるまでに2週間かかっていた曲が1週間、3日である程度できるようになる、100のチカラが必要だったものが80のチカラでできるようになります。

そうなってくれば、余った時間で今までできなかった細かい練習もできますし、レッスンの課題もより進めるようになってきます。部やパートの練習もよりいろんな事ができるようになるのではないかなと思います。

そんな思いもあって、僕からは宿題を出させていただいています。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page