忘年会シーズン


12月に入ってなんとなく飲み会が増えてきました。

北の人間は大酒飲みのイメージを持たれがちですが情けないことに僕はほとんどお酒が飲めません。

コップ半分で真っ赤になるのでよく友達にはからかわれます(笑)

クラシックの業界でもとくに金管楽器は体育会系の色が強く、20代のころは先輩に飲まされてはトイレで隠れて吐いて...みたいなことも多かったのですが、最近は自分も若手ではなくなったのと、お酒が飲めなくても場を楽しめるようになったこと、世間的にも無理やり飲ませることはマナー違反という風潮も強くなってきたせいもあって、無理やり飲むという事はほとんどなくなりました。

量を飲むことはできないのですが飲みの席は好きです。今月も残り半分ですが、いろんな方と今年を振り返りながら楽しく飲めたらと楽しみにしています。

※先日は友人とコートを間違えて着て帰ってしまい、コートを交換するという名目でもう一度飲む(笑)ということもやってしまいました。ビール1杯でこれなので油断禁物です。


最新記事

すべて表示

吹奏楽をやっていた人間としてはなんとなく夏はコンクールの季節というイメージが今でもあります。 去年一昨年はコロナのせいもあってモヤモヤとした夏だったのですが、今年は学生の生徒さんは何人か、外部の指導に行っている高校もですが吹奏楽コンクールに出場していました。それとは別にソロコンクールに出場された生徒さんもいて、なんだか暑い夏が帰ってきたのかな、と、生徒さんも僕もメラメラと燃えた8月でした。 音楽に