忘年会シーズン


12月に入ってなんとなく飲み会が増えてきました。

北の人間は大酒飲みのイメージを持たれがちですが情けないことに僕はほとんどお酒が飲めません。

コップ半分で真っ赤になるのでよく友達にはからかわれます(笑)

クラシックの業界でもとくに金管楽器は体育会系の色が強く、20代のころは先輩に飲まされてはトイレで隠れて吐いて...みたいなことも多かったのですが、最近は自分も若手ではなくなったのと、お酒が飲めなくても場を楽しめるようになったこと、世間的にも無理やり飲ませることはマナー違反という風潮も強くなってきたせいもあって、無理やり飲むという事はほとんどなくなりました。

量を飲むことはできないのですが飲みの席は好きです。今月も残り半分ですが、いろんな方と今年を振り返りながら楽しく飲めたらと楽しみにしています。

※先日は友人とコートを間違えて着て帰ってしまい、コートを交換するという名目でもう一度飲む(笑)ということもやってしまいました。ビール1杯でこれなので油断禁物です。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ