朝練


吹奏楽で使用する楽器向けに出版されている「朝練」という教則本のシリーズがあります。

ページ数的にも金額的にもちょうど良いので、トランペットの教則本を自分でなにかやろうかなと思ったときに「朝練」を選ぶ方は多いのではないかと思います。実際、教室に来られる生徒さんにも持っている方は何人かいらっしゃいますし、最近の吹奏楽部の子達にきくと、アーバンは見たことはなくても「朝練」は部室にあった、見たことがあるという話もよく聞きます。

今日は小学校指導だったのですが、トランペットパートも「朝練」を導入したようで、前半はこの本のやり方を説明しました。僕も持ってはいたのですが、今年に入って新版が出ていたようで、内容が若干変わっていました。追記もあって、より細やかになった印象です。

解説と楽譜があり、それぞれの項目について導入レベルから中級レベルくらいまでの譜面になっているので、練習する場合は自身のレベルに合わせてやる項目を決めて、少しずつ項目を増やしていく流れで進めていくとよいのではないでしょうか。

「朝練」は教則本の中では薄い部類で、名前のとおり短い時間で基礎練習をすることを念頭にかかれていますが、それでも全部を通して行うと1時間弱〜くらいはかかってしまいます。部活の朝練の中で行うにはちょっと量が多いのと、レベルに幅を持たせているので、指導者の方がある程度指示を出してあげる必要はあるのかなと思います。

内容的には演奏するためのベースとして必要なものはひととおり網羅されている、とてもバランスの良い教則本です。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ