朝練


吹奏楽で使用する楽器向けに出版されている「朝練」という教則本のシリーズがあります。

ページ数的にも金額的にもちょうど良いので、トランペットの教則本を自分でなにかやろうかなと思ったときに「朝練」を選ぶ方は多いのではないかと思います。実際、教室に来られる生徒さんにも持っている方は何人かいらっしゃいますし、最近の吹奏楽部の子達にきくと、アーバンは見たことはなくても「朝練」は部室にあった、見たことがあるという話もよく聞きます。

今日は小学校指導だったのですが、トランペットパートも「朝練」を導入したようで、前半はこの本のやり方を説明しました。僕も持ってはいたのですが、今年に入って新版が出ていたようで、内容が若干変わっていました。追記もあって、より細やかになった印象です。

解説と楽譜があり、それぞれの項目について導入レベルから中級レベルくらいまでの譜面になっているので、練習する場合は自身のレベルに合わせてやる項目を決めて、少しずつ項目を増やしていく流れで進めていくとよいのではないでしょうか。

「朝練」は教則本の中では薄い部類で、名前のとおり短い時間で基礎練習をすることを念頭にかかれていますが、それでも全部を通して行うと1時間弱〜くらいはかかってしまいます。部活の朝練の中で行うにはちょっと量が多いのと、レベルに幅を持たせているので、指導者の方がある程度指示を出してあげる必要はあるのかなと思います。

内容的には演奏するためのベースとして必要なものはひととおり網羅されている、とてもバランスの良い教則本です。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ