納め


昨日は年明けの仕事のリハーサルでした。

発表会は毎回消耗が激しいのですが、次の日なら流石に疲れもないだろうと思って予定を組んでいたのですが、カラダも唇もまったく言うことをききませんでした。いつまでも若いつもりでいたいのですが、なかなかそうも言えなくなってきているようです(泣)

先日も書きましたが発表会での生徒さん達の演奏は、みなさん素晴らしいものでした。

演奏中はいろんな事を考えて、小さなミスも気になったりしますが、それがないと次への課題もないのであっていいと思います。

ただ、それぞれがそれぞれの良さを発揮できていたと聴いていて思いました。他の先生や手伝ってくれた方からも良い評価をいただきました。重ね重ねよい演奏ばかりでした。

今日になると疲れもとれて、一旦今日で楽器は本年仕事納め。

忘年会ではビンゴにも当選して、いい感じで納められたかな〜。

明日からはまた来年に向けてレッスンの準備などしていこうと思っています。


最新記事

すべて表示

吹奏楽をやっていた人間としてはなんとなく夏はコンクールの季節というイメージが今でもあります。 去年一昨年はコロナのせいもあってモヤモヤとした夏だったのですが、今年は学生の生徒さんは何人か、外部の指導に行っている高校もですが吹奏楽コンクールに出場していました。それとは別にソロコンクールに出場された生徒さんもいて、なんだか暑い夏が帰ってきたのかな、と、生徒さんも僕もメラメラと燃えた8月でした。 音楽に