top of page

良いお年を


大晦日ですね。本当に毎年あっという間です。

今年も生徒さんそれぞれのレベルや、やりたいことに沿ってレッスンすべく、僕自身もチャレンジすることが多い年だったように思います。

新しい生徒さんが入ったり、継続してレッスンをしている生徒さんがレベルアップするに従って今まで気づかなかった課題や、考え方にも触れることがあり、レッスンをしながら僕も一緒に学んでいました。

今年は年初に初めておさらい会も開催しました。不慣れな部分もありましたが、やっぱりトランペットは何人かで音を出すことも魅力・楽しさなので、来年も引き続きチャレンジしたいです。

発表会は毎年、トランペットの生徒さんは遠慮しがちなのですが、今回は6人の方が参加。

それぞれの良さの光る演奏をしていただきました。

アンサンブルも例年以上に豪勢な演奏になって、音出しの段階で感動してしまいました。

まだまだ考えてはいるけれど形にできていないアイデアもたくさんあり、それは年末年始で少しずつ形にできたらと思っています。

お休みの間に楽器も掃除しないとなぁと思っています。

皆さんもぜひ、楽器のお手入れしてあげて下さい。

今年も多くの方にほんとうにお世話になりっぱなしの1年でした。ありがとうございました。

生徒の皆さんはまたレッスンでお会いできることを楽しみにしております。

良いお年をお迎えください。


最新記事

すべて表示

楽器が高い

友人が楽器を選ぶという話をしていた流れで、7月からある楽器店がBachの180MLがまた値上がりするという話を聞きました。 つい最近値上がりしたばかりだったような気もするのですが、自分が180MLを買った時の値段からほぼ倍の値段になってしまったのが恐ろしいです。 以前から「輸入楽器と輸入楽器は早めに買っておいた方がいいよ」と言われていたんですが、本当に高くなってしまいました。 次にB♭管を買い替え

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

bottom of page