明けましておめでとうございます


明けましておめでとうございます。

世間も仕事は始まっていますが、僕も昨日から仕事はじめ。

今年は金管アンサンブルからのスタートでした。

弦楽四重奏も同じ控室だったのですが、リハ、休憩の過ごし方、全てが金管奏者とは違うなぁと感じるのはいつものことです。(木管・打楽器・歌もそれぞれのカラーがあるように感じます笑)

とりわけトランペット吹きは身体のことにはいろいろこだわりがある人が多いように感じます。昨日一緒だった奏者は最近は加圧トレーニングにハマっているようでした。

30を過ぎて体力が下がったように感じることがキッカケだったそうです。(筋トレが好きな方も「トレーニングしないと筋力は年間3%低下する」と言っていました)

僕は体力が下がるどーのこーのより、体脂肪が下がってくれない今日このごろなので、今年はそこを個人的な目標に掲げて頑張っていきたいと思います(汗)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ