ほぼ日手帳


僕は1月始まりの手帳を使っているので、今月は手帳の入れ替え月です。

ここ数年はずっと「ほぼ日手帳」です。最近は1日1ページ式の手帳も増えましたが、ずっと使っているということでなんとなくそのまま、ほぼ日手帳を使っている感じです。

同じスタイルの手帳をずっと使うと、だんだんと自分なりの書き方みたいなものが出来てきて、使うことが楽しくもなってきました。

レッスンや演奏の事、日々ふと思ったことなど、書くことがあったとき、書こうと思った時に書くという感じなので白紙のページもありますが、そんなゆるい使い方が自分にはあっているようです。

スマホでもスケジュールの管理はしていますが、自分的には紙のほうが自由度が高く、考えもまとまるのでやっぱり手帳は手放せません。

移行月の今月は去年の手帳も見返すことが多くてこの月だけはちょっと大変ですが、新しい手帳が年末には書き込みでびっしりになるように、今年も忙しくがんばれたらなぁと思います。


最新記事

すべて表示

吹奏楽をやっていた人間としてはなんとなく夏はコンクールの季節というイメージが今でもあります。 去年一昨年はコロナのせいもあってモヤモヤとした夏だったのですが、今年は学生の生徒さんは何人か、外部の指導に行っている高校もですが吹奏楽コンクールに出場していました。それとは別にソロコンクールに出場された生徒さんもいて、なんだか暑い夏が帰ってきたのかな、と、生徒さんも僕もメラメラと燃えた8月でした。 音楽に