top of page

吹奏楽コンクール課題曲が出ましたね。


今年も吹奏楽コンクールの課題曲が発表されましたね。

我が家にもスコアが届きました。

このコンクール課題曲は、出演者の戦いの前に、作曲のコンクールでもあります。夏〜秋にかけて多くの人達が何百回と聴き、演奏し、人気のある曲はコンクールが終わってからも日本の吹奏楽界の定番曲として演奏されることも多く、プロの作曲家、作曲家を目指す学生から、普段は演奏や指導者の立場で吹奏楽に関わっている人など、様々な層からの応募があるのがひとつの特徴で、曲の応募も年々増加しているそうです。今回も、音大出身者、現役の音大生の作品もあるなか、アマチュアの吹奏楽団員として活動している市役所勤務の方の作品も課題曲として選ばれています。

音源はまだ聞けていないのですが、スコアを見ると毎年そうですが、各曲、工夫を凝らしたものになっていて、ネットを見ても、どの曲を選ぶか、どう選ぶかが、団体、学校によっていろいろな考え方が話されていて楽しいです。コンクールだけに、好みだけでは決められず、各団体のレベル、各パートの人数、自由曲…さまざまな要因から作戦を立てるのだと思います。コンクール本番の演奏を見ても、きちんと意図を持って選んだなと伝わってくる団体は、演奏も意図をもって作ってくるので、一定の評価がでているように思います。

僕もスコアをもう少し読み込んでから、この件については書いていきたいと思っています。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page