top of page

時の経つのは


埼玉でのレッスンの日、レッスン場所最寄りのコンビニに立ち寄ると、店員さんになんだか見たような顔が…。

間違ってたら恥ずかしいなとおもいつつ声をかけてみました。

「もしかして◯◯小学校でコルネット吹いてなかった?」

「先生!」

昔レッスンをしていた小学校の生徒でした。

当時小学生だった彼女も今では高校3年生とのこと。月日の経つのはあっという間です…。

もともと良く吹くので目立っていた子ですが、今年音楽大学を受験するとのことでした。

ずっとトランペットを好きで、ずっと吹き続けていたことがとても嬉しく思いました。

音楽の道も大変なことも多いですが、がんばってほしいなぁと心でエールを送りつつ、レッスンに向かいました。


最新記事

すべて表示

楽器が高い

友人が楽器を選ぶという話をしていた流れで、7月からある楽器店がBachの180MLがまた値上がりするという話を聞きました。 つい最近値上がりしたばかりだったような気もするのですが、自分が180MLを買った時の値段からほぼ倍の値段になってしまったのが恐ろしいです。 以前から「輸入楽器と輸入楽器は早めに買っておいた方がいいよ」と言われていたんですが、本当に高くなってしまいました。 次にB♭管を買い替え

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

bottom of page