top of page

住住


お笑い芸人バカリズム原作のドラマ「住住(すむすむ)」。

ドラマはほとんど見ないのですが、毎週楽しみにして見ています。

バカリズムとオードリー若林、二階堂ふみが本人の役で、同じマンションの住人として登場します。30分ドラマという時間の短さと、大きなストーリー展開はなく、毎回3人の登場人物のゆるゆるとしたやりとりが続くだけの話なのですが、会話のテンポのよさと、何も起こらないことが、見終わった後に不思議な心地よさを感じさせてくれます。寝る前に見るにはピッタリだなぁと思います。

視聴率は高くないようですが、なんででしょう…面白いのに。

僕は、大学を卒業してから同じマンションというか、友人3人で暮らしていた時期がありました。

お互いフリーランスとして活動を始めたばかりで、生活の基盤が乏しかったため、2年限定という約束でのルームシェアでした。

そのときに一緒に生活していた友人、そのころに出逢った同世代のプレーヤー達、楽器を続けている人もいれば、別の道に進んだ人もいますが、今でも交流が続いている仲間が多くいます。

音楽大学に入学して、卒業して、いちばん良かったなと思うのは、音楽が好きで、楽器が上手くなりたくてと、そんな人達にほんとうにたくさん出会えたことです。ルームシェアしていたころに語ったこと、悩んだことが今とても役立っているように感じます。

住住を見ながらふと、そんなことを思い出しました。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page