top of page

住住


お笑い芸人バカリズム原作のドラマ「住住(すむすむ)」。

ドラマはほとんど見ないのですが、毎週楽しみにして見ています。

バカリズムとオードリー若林、二階堂ふみが本人の役で、同じマンションの住人として登場します。30分ドラマという時間の短さと、大きなストーリー展開はなく、毎回3人の登場人物のゆるゆるとしたやりとりが続くだけの話なのですが、会話のテンポのよさと、何も起こらないことが、見終わった後に不思議な心地よさを感じさせてくれます。寝る前に見るにはピッタリだなぁと思います。

視聴率は高くないようですが、なんででしょう…面白いのに。

僕は、大学を卒業してから同じマンションというか、友人3人で暮らしていた時期がありました。

お互いフリーランスとして活動を始めたばかりで、生活の基盤が乏しかったため、2年限定という約束でのルームシェアでした。

そのときに一緒に生活していた友人、そのころに出逢った同世代のプレーヤー達、楽器を続けている人もいれば、別の道に進んだ人もいますが、今でも交流が続いている仲間が多くいます。

音楽大学に入学して、卒業して、いちばん良かったなと思うのは、音楽が好きで、楽器が上手くなりたくてと、そんな人達にほんとうにたくさん出会えたことです。ルームシェアしていたころに語ったこと、悩んだことが今とても役立っているように感じます。

住住を見ながらふと、そんなことを思い出しました。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

bottom of page