top of page

100点


最近は暖かい日も増え、花粉も舞っているようです…

先日、髪を切ってきました。

ずっと切ってもらっていた美容師さんが遠くに引っ越してしまったため、しばらく美容院難民でしたが、最近ようやくひとつの場所に落ち着いてきました。

髪を切ってもらっている時の美容師さんとの会話は、気にならない人と苦手な人に別れるみたいですが、僕は退屈するよりは話をした方がいいなといった感じです。

今日は、話の中で「楽器演奏の本番について」の話題になりました。

美容師さんから「やっぱり練習より本番が一番出来がいいものなんですか?」との質問。

はて?一瞬意味がわからず、焦ってしまいました。結局その話題はあまり膨らみませんでしたが、その時は「なぜそう思うんだろう?」と思ってしまってうまく話を広げることができなかったのです。

後々考えてみたのですが、きっと美容師さんは「音楽は演者と聴衆があって初めて完結する」ので「ステージが練習を超える」ということがあるのでは?という意味で聞かれたのかなと思いました。

もしそういう意味での質問なのであればそういう意味では「練習よりいい出来と感じる」演奏もあるのかもしれません。

ただ、僕は僕個人の経験でしかわからないのですが、「本番の演奏がいちばん良かったな」と思ったことは数えるほどしかありません。練習のときのほうが、上手く行くことが多くて、「これを何とか本番でも」と思ったり、「自分が60%、70%の力しかだせなくても高いクオリティで演奏できる」ようにという感じで練習します。これは、演奏する人ならみんな同じ感覚なんだろうなと漠然と思っていたのですが、これは人によって違うったりもするものでしょうか。

「この音はこのぐらいの長さで」「このくらいのニュアンスで」といった細々したこだわりも、ホールが変われば響きも変わって、一緒に演奏する人との絡みもありますし、聞く人によって捉え方も様々なので、あまり「100点な本番」「完璧な本番」という考え方は違うんじゃないかなと思っています。(練習では「完璧」を求めることはすごく大切だと思います)

練習してきたことがあって、自分の思いがあって、共演者とのコミュニケーションがあって、聴く人の思いがあって、その上で「素晴らしい演奏だった」と自分も共演者も聴衆も思えるステージになることを目指すほうが健全なように思います。

美容師さんとの会話から、ふとそんなことを思いました。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

bottom of page