年度末


あっという間に2月が終わってしまいました。企業にとっては決算の時期、僕達のような個人事業主にとっては確定申告の時期です。

そればかりが理由ではないんですが、なぜか毎年この時期は忙殺される傾向が続いています。

「ほぼ日手帳」大活躍です!

今日から3月。受験生だった生徒さんや、生徒さんのお子さんも、試験が終わり、もうすぐ卒業式です。暖かくなり、動きやすい時期でもあり、今年は進学しても全員レッスンを続けるということなのですが、それでもいつもどこか寂しい気持ちにもなってしまう季節です。

小学校で吹奏楽をやっていた生徒さんは、スムーズにいくと中学校でコンクールを経験するようです。部員の多い学校では校内オーディションもありますし、ただ楽しく楽器を吹くだけではない要素も出てきますが、きっとまた新しい経験、発見の中で今までとは違った楽器との向き合いかたが出来るようになって、より細かい練習ができるようになるんじゃないか、その手伝いができればと楽しみです。

まずは早くこの忙しさから抜け出ないとなぁ。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ