top of page

年度末


あっという間に2月が終わってしまいました。企業にとっては決算の時期、僕達のような個人事業主にとっては確定申告の時期です。

そればかりが理由ではないんですが、なぜか毎年この時期は忙殺される傾向が続いています。

「ほぼ日手帳」大活躍です!

今日から3月。受験生だった生徒さんや、生徒さんのお子さんも、試験が終わり、もうすぐ卒業式です。暖かくなり、動きやすい時期でもあり、今年は進学しても全員レッスンを続けるということなのですが、それでもいつもどこか寂しい気持ちにもなってしまう季節です。

小学校で吹奏楽をやっていた生徒さんは、スムーズにいくと中学校でコンクールを経験するようです。部員の多い学校では校内オーディションもありますし、ただ楽しく楽器を吹くだけではない要素も出てきますが、きっとまた新しい経験、発見の中で今までとは違った楽器との向き合いかたが出来るようになって、より細かい練習ができるようになるんじゃないか、その手伝いができればと楽しみです。

まずは早くこの忙しさから抜け出ないとなぁ。


最新記事

すべて表示

タイタンの話1

僕が今使っているトランペット(B♭管)はストンビ社のタイタンというモデルです。 ストンビ社は僕や僕より上の世代の人的にはトランペットの神様、モーリス・アンドレのピッコロトランペットのメーカーとしてのイメージも強いのではないでしょうか。 今日はこのモデルを買うに至った経緯を書いてみようかなと思います。 以前はアメリカのバックの180MLという日本の吹奏楽、クラシック界隈で一般的に使われているモデルを

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

bottom of page