タイムカプセルのような


今のうちに引っ越してくる前後、数作にわたって、参加させていただいたゲーム音楽の音源が、数作分合わさったかたちでCDになり発売されました。

どのお仕事もそうですが、そこにはいろんな出会いがあって、どのお仕事でも、出会う方々は、みんな音楽が好きです。当たり前といえば当たり前ですが、とても幸せだなと思うことです。

このお仕事でも、曲の表現でいろいろなお話をしながら、精一杯吹かせて頂きました。

また、機材含むデジタルなことに関する質問、録音に関することを沢山質問させていただいたりして、CDを聞いていると、当時のやり取りや、自分を含め、参加した人全員の熱意が蘇ってきて、いろいろなことを鮮明に思いだします。

素晴らしい作品に携わることができて、ありがたいなぁと改めて思います。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ