雑誌


最近トランペットの雑誌がでましたね。

師匠や友人、知人、先輩、後輩もたくさん載ってるので、買ってニヤニヤしながら見ています。

まだネットのない時代、青森の端っこで中学高校時代を過ごした自分にとって、雑誌は、あこがれの世界との少なく貴重な接点のひとつでした。

今でもネットでも情報は調べることはできますが、散らばった情報をまとめて読めるのが雑誌の良さなのかなと思っています。

ただ、一方で僕も東京に出てみて雑誌と実際に触れた世界には大きなギャップもたくさんありました。

今でもネットや雑誌等いろんな媒体でいろんな情報が溢れていますが、少ない情報だけだと、受け手の感じ方の違いもありますし情報は変形して伝わってしまう可能性があります。

なんの世界もそうですが、ひと昔前の常識が突然非常識になることもあります。

情報を得ることは、そういった難しさはありますが、好きなことをより知ることは楽しいですね。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ