雑誌


最近トランペットの雑誌がでましたね。

師匠や友人、知人、先輩、後輩もたくさん載ってるので、買ってニヤニヤしながら見ています。

まだネットのない時代、青森の端っこで中学高校時代を過ごした自分にとって、雑誌は、あこがれの世界との少なく貴重な接点のひとつでした。

今でもネットでも情報は調べることはできますが、散らばった情報をまとめて読めるのが雑誌の良さなのかなと思っています。

ただ、一方で僕も東京に出てみて雑誌と実際に触れた世界には大きなギャップもたくさんありました。

今でもネットや雑誌等いろんな媒体でいろんな情報が溢れていますが、少ない情報だけだと、受け手の感じ方の違いもありますし情報は変形して伝わってしまう可能性があります。

なんの世界もそうですが、ひと昔前の常識が突然非常識になることもあります。

情報を得ることは、そういった難しさはありますが、好きなことをより知ることは楽しいですね。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ