同窓会


一般大学には「ゼミ」と呼ばれるものがあるそうで、大学生活の中で、かなり親しいコミュニティでもあると聞きます。

今はわかりませんが、当時音大には「ゼミ」はなかったように記憶しています。

その代わりではないのですが、「専攻楽器」が学内では一番親密なコミュニティで、僕はトランペット専攻なので、「ラッパ会」とよばれるトランペット専攻生のグループに自動的に所属していました。

楽器にもよるのですが、金管楽器は各パートの生徒数も多すぎず、少なすぎずということで、「ラッパ会」も適度な人数のせいか、全学年参加の合宿や、演奏会、学祭での模擬店運営など、なかなか親しいコミュニティでした。

前置きは長くなりましたが、先週はそんな「ラッパ会」の同期生達と久々の同窓会がありました。

職業もバラバラ、住んでいる場所もバラバラの中、約8割のメンバーで集まることができました。

同期の集まりの出席率は学生時代から高かったのですが、今も変わらずの集まりの良さが嬉しかったです。

他の大学に比べると、就職にはあんまり有理そうにも思えない音楽大学ですが、「音楽、楽器が好きな人しかいない」環境での4年間は、僕にとっては夢のような時間でした。

長い年月が過ぎても、変わらず元気にいろんな話をすることができて、とても楽しい同窓会でした。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ