top of page

勉強しましょう(自分もね)


ほぼ毎年、4月に進学、進級した学生の生徒さんが、この時期に、曜日や時間の変更や、さらに極端な場合退会されるケースがあります(泣)

新しい年度になって初めての中間・期末テストの成績が悪く、塾に行くことになったり、成績が上がるまで好きなことはガマンすることにしました。というのがその場合の理由で、だいたいタイミングとしてはこの時期です。(受験勉強中、休会される子はまた別なお話)

なので、部活の先生も多分言っているとは思うのですが、僕も学生の子には「勉強もちゃんとやろうね~」ということは言うようにしています。

時代が変わったのか、東京の子は昔からそうだったのか、自分が青森で学生をしていたころに比べて、今レッスンに通ってる子の話を聞くと、学校に部活に複数の塾にテストの回数も多く、とてもハードなスケジュールの中で生活しているなぁと感じる事が多々あります。

自分が学生の頃に出来てたかと言われれば出来てはいなかったので完全に棚に上げての発言にはなるんですが(笑)社会にでると、今よりも忙しくなくなることってあんまり無いのかなということを思います。なので、好きなこと、やりたいことに時間を使うためには、時間の使い方を上手くしていくことは非常に大切な事案だなと大人は身に染みているわけです。

正直、学生の時から、勉強を理由に部活を辞めさせられた子はいましたが、その子が成績が上がったということは記憶にないので、個人的にはそれはあまり関係がないようには思うのですが、それでも、「やらなければいけないことをやらないのなら、やりたいこともできない」ということを教える意味はあるのかもしれません。

ともあれ、レッスンに通ってからだんだん上達してきた子、レッスンを楽しいと言ってくれる子が、レッスンに通うことができなくなることは僕にとっても辛いことで、そんな理由からトランペットのレッスンには直接関係はないのですが、「勉強もちゃんとやろうね」とついつい言ってしまう季節です。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page