ゲームやりたいけど自信ない


NintendoSwitchの売上が好調のようです。

出荷しては完売を繰り返して、いまでも入手するのは簡単ではないようです。

同時発売した「ゼルダの伝説」がめちゃくちゃ面白いみたいで、国内外問わず評価が高く、あちこちで評判になりました。

そんな評判を見聞きすると、久しぶりにハードを買ってやってみたいなという気になってきます。童心に帰って大冒険の世界にどっぷりハマってみたい、そんなワクワクがこみ上げてきます。

以前ファミコンミニの件でも書いた部分もあったり、いろんな人が言ってることでもありますが、子供の頃は、ゲームの世界の行けるところは物語に関係ないところまで隅々歩き、思いがけないアイテムを入手できて喜んだり、攻略本を見ずに何度も無駄足を踏みながら物語を進めたりが平気で出来たのですが、20代半ばくらいから「ハマれないなぁ」と思うようになってしまいました。

「ゼルダ」はそんな人でも楽しめるということで、疑う気持ちもありながら、もしハマれるならハマってみたいなぁと思ってしまいます。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ