続く凄さ


先週はライブとコンサートを聴きに行きました。

ひとつは近年益々人気が高まり、メディアへの露出も増える「TRI4TH」。

もうひとつは、日本を代表する金管五重奏団「Buzz Five」です。

今年、TRI4THは結成10周年、Buzz Fiveは結成20周年になるそうです。

ミュージシャン、プレーヤーはいろんなグループを結成して活動をしますが、バンドで人気者になろうとする人達を除けば、それぞれが個人事業主で、それぞれが様々に活動のフィールドを持っています。

そんな中で、ミュージシャンにとって、団体、バンドで長く活動して、実績を積んでいくことはとても難しいことだと思っています。

実際、僕が所属していたバンドもTRI4THと対バンでライブに出たこともありましたが、数年前に解散しています。その他にも何個かバンドにいたことはありますが、継続しているバンドはありません。

僕の周りをみても、個々が忙しくなったり、音楽性の違い(これ別に解散時のテンプレートではないです)で解散、自然消滅、活動停止している団体さん、結構多いです。

演奏会後、少しだけ、BuzzFiveさんとお話させて頂きましたが、色々な経験を乗り越えてきた自信とチームワークを感じました。

そんな事もあり、図らずも、ちょうど同じ週に行われた、長く続くグループの演奏は、どちらもとても輝いて見えました。

Buzz Fiveさんの新譜、ジャケット作成させて頂きました♪ ありがとうございました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ