習慣づける


世の人達は、新しいことを何か始めるとして、習慣づけることに対する大変さというのはいかほどのものなのでしょうか。

僕は超ニガテです(泣)

でも、何事もそうですが、コツコツ続けることが一番効果があるように感じます。

トランペットの練習も、僕はお仕事なので、もちろん毎日吹くのですが、それでも新しいアイデアを取り入れたとして、それを一定期間続けることは大変なので、僕の場合は、「すでに習慣化されているモノとセットにして一定期間続けてみる」という方法が最近はお気に入りです。

毎日やると決まっていることにくっつけておいて、それをやる時はコレもやる。そんな感じです。

モチベーションは日によって変化するので、モチベーションを習慣化の動機にするのは僕はあまり向いていないっぽいです。

ただ、生徒さんの練習に対する向かい方を聞いてみると、これも様々な方法をされているようで、「レッスンがあるから練習する」「コンサートに行ってモチベーションを上げる」「楽器やメンテナンス品、本などを買ってやる気をだす」そんなお話をいただいたりしています。

「思い立ったら吹けるようにケースから出してます」という方もいらっしゃいました。

これ、いいなぁと思ったのですが、シルバーのトランペットをお使いの方は表面が酸化しやすいので注意が必要です。出しっぱなし用になにか用意するのもいいかもしれません。

「習慣づけ」と上手く付き合って、コツコツレベルアップしたいですね。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ