調度いい蛍光ペン


文房具が好きです。

最近は、昔からある文房具が細かい、でも素晴らしい改良がされているものがたくさんあって、感度の宝庫です。

近頃のお気に入りはこちら

消せる蛍光ペン。

合奏指導の仕事ではスコア片手に指導しますが、どのパートとどのパートが同じ動きかなど、色分けしてわかりやすくすることは多くの指導者がやっています。

そこで、蛍光ペンの出番なのですが、このシリーズ、消せることも便利な部分なのですが、もうひとつ「いい感じに薄い」という部分が気に入っています。

マーカー引いてるときは「こんな薄くてわかるかな」と思いながら引くのですが、ちゃんとそれぞれの色が見分けれるように発色してくれます。

音符がきちんと読めて、色も見分けれる。

非常に「ちょうど良い濃さ」の蛍光ペンです。


最新記事

すべて表示

バズィング

ウォームアップの時にマウスピースを使ってのバズィングに関してはプロの演奏家も人によってやったりやってなかったり様々で、それについてはやりやすい方を選べばいいのかなと思うのですが、レッスンをしていると、高音が苦手が方はバズィングの音域も低い傾向はあるなと感じます。 単純にバズィングで高音域を鳴らせないというだけではなくて、低、中音域からグリッサンドで上がれる上限が低いと楽器をつけたときも曲で高音域を