調度いい蛍光ペン


文房具が好きです。

最近は、昔からある文房具が細かい、でも素晴らしい改良がされているものがたくさんあって、感度の宝庫です。

近頃のお気に入りはこちら

消せる蛍光ペン。

合奏指導の仕事ではスコア片手に指導しますが、どのパートとどのパートが同じ動きかなど、色分けしてわかりやすくすることは多くの指導者がやっています。

そこで、蛍光ペンの出番なのですが、このシリーズ、消せることも便利な部分なのですが、もうひとつ「いい感じに薄い」という部分が気に入っています。

マーカー引いてるときは「こんな薄くてわかるかな」と思いながら引くのですが、ちゃんとそれぞれの色が見分けれるように発色してくれます。

音符がきちんと読めて、色も見分けれる。

非常に「ちょうど良い濃さ」の蛍光ペンです。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ