top of page

デュエットやトリオ


レッスンや、学校指導などで、

「音程の高い低いって、どうしたら分かりますか?」

といった質問を受けることがあります。

自分だけで吹くときもそうですが、誰かとやる時は音程が合っている方が、心地よいですよね。

ただし、これもある程度慣れが必要な問題で、コツのようなものはないと思っています。

以前ふれたかもしれませんが、ぼくの教室では僕と生徒さんでデュエットをやることがあります。

はじめは僕がなるだけ音程を寄せるように合わせて演奏します。

それを続けていると、音程が悪い時「なんだか気持ち悪い」と思うようになってきて、だんだんと音程を気にするようになってきます。

そこから自分で音程を合わせることを続けると、だんだん「高い低い」が確信をもって感じれるようになっていきます。

学校で練習している場合も同じで、最初は違和感を感じれるところからスタートして、どうしたら、より綺麗に合わせられるのか、周りの音に耳を使うことが大切だと思います。

音程だけでなく、アンサンブルの力を養うのに、同じ楽器でアンサンブルをするのはとても勉強になります。音色が統一されているので、音楽・音量・音程・リズム…様々なことに注意を払いやすいです。

今日、先月につづいて、前回と同じメンバーでアンサンブルの勉強会を行ったのですが、前回からそれぞれ聞くポイント、吹く時に気をつけているポイントが変化していて、とても有意義な時間でした。

僕が学生だった頃にくらべて、今はデュエットやトリオの楽譜が充実しています。

都内近郊では輸入版の曲集も入手しやすいです。

もちろん、勉強になるだけでなく、誰かと一緒に演奏するのは楽しいですので、たまには「アンサンブルをする練習」も練習に取りいててみてはいかがでしょうか。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page