top of page

シャイン


クラシック音楽や作曲家を題材にした映画は幾つもありますが、

その中に1996年に公開された「シャイン」という映画がありまして、

オーストラリアに実在するピアニストをモデルに描かれた物語なのですが、

ストーリーと美しい音楽と映像に魅了されて何十回と見た、思い入れの強い映画です。

しばらく見ていなかったのですが、ふと思い出してDVDを購入してみました。

素晴らしいピアノの才能は持ちつつも、親の厳格で偏執的な父の愛情とピアノによって幼少期〜青年期に人生を縛られ、一度心が壊れてしまった主人公が、再びピアノと、別な人の愛情によって、人生に輝きを取り戻していく…。

ラフマニノフのピアノ協奏曲3番を軸に、様々なピアノ曲が全編を彩りながら進む、厳しくも優しいお話です。ラフマニノフのピアノ協奏曲は2番が人気がありますが、この映画を見てからは3番が大好きになりました。僕だけでなく、そんな人は多いのではないかと思います。

主人公役のジェフリー・ラッシュの演技も素晴らしく、彼はこの作品でアカデミー賞とゴールデングラブ賞で主演男優賞を受章しています。

目に見えず、その効果は数値化しにくいですが、音楽が持つ力はとても大きいと、この映画を見るとパワーと癒やしをもらいます。

レンタルビデオショップにはなかなか置いていないのですが、オススメの映画です。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page