トランペットとスタミナと


先日、楽器・合奏指導をしている学校の生徒から

「すぐバテちゃうんですが、どうしたらバテなくなりますか」

といった相談をうけました。

これは、僕だけでなく、学校に指導に行ったトランペット奏者がほぼ必ず尋ねられる質問です。

「どうやったらバテなくなりますか」「どうやったら高い音がでますか」

この2つは必ずと言っていいほど質問されます。

と、同時に、これはプロ・アマ問わず、殆どのトランペット吹きにとっては長い付き合いになる命題で、全員に共通したコツのようなものはないのだと思っています。

車の燃費にも似ていますが、アプローチは2つあるのかなと思います。

①スタミナの量を上げる

②バテにくい吹き方を身につける

です。

①は練習時間や練習回数を増やしたり、心肺機能を高めるトレーニングをして、沢山吹くことに身体を順応させていくこと。

②は、特定のフレーズや、動作など、自分がどういった時にスタミナを消費するのかを観察して、その原因を取り除く作業をしていくこと。

どちらも聞いて、すぐ改善するようなものではありませんが、コツコツ積み上げることで、確実に変化するものだと思います。

焦らず急がず、必ず改善すると信じて、毎日の練習を積み上げることがよいと思います。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ