top of page

パートで読みたいトランペットの本


前回書きましたが、最近買った本の2冊目は、こちら

トランペット上達ブックです。

元NHK交響楽団トランペット奏者で、最近ではジャズ・トリオでの演奏活動もされている佛坂咲千生先生が監修している本で、吹奏楽の中のトランペットパートとしてどんな練習をするべきか、どんなことを考えるべきかについて解説している本です。

佛坂先生は、長年2番トランペットで様々な方とアンサンブルをすることに取り組まれた方で、過去に一度グループレッスンに参加させて頂いた時も貴重なアドバイスをいただきました。

また、指導者としても名門・埼玉栄高等学校のトランペットパート指導もされていたこともあり、そういった豊富な経験から、この本は個人の練習の方法からパート練習、本番に向けての準備など、広い範囲に渡ってそれぞれをシンプルに分かりやすく解説しています。

前回の「デュオ練」もそうですが、今まで、個人の練習のための教則本や、吹奏楽指導者のためのノウハウ本は結構あったのですが、”吹奏楽のチームの一員としてのトランペットパート”を前提として解説した本はあまりなかったように思いますし、過去に出版されてきたものと比べてもかなり分かりやすく書かれているように思います。

基礎練習に関しての譜例も記載されていますが、コンパクトな本なので、日頃の使い勝手としては、別に基礎練用の本を用意して、練習の前後に読むといいのかなと思いました。

上達には実際に音を出す、練習をすることがとても大切ですが、より日頃の練習に主体性を持って取り組むのにはとても役立つ、良い本だと思います。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page