再会


今週はじめに、小学校の時に通っていた子が、久しぶりにレッスンに来てくれました。(余談ですが、今はお母さんがレッスンに通っていらっしゃいます。いつか親子共演もしてほしいなぁと思ったりしています。)

中学2年生になって、小学校の時とは違い、コンクールにも出る学校で、小学校のときよりも演奏する曲数も難易度も上がって、経験も積んで色々と考えることも増えたようで、久しぶりに聴くその子のトランペットは、音色も磨かれて、技術も含めて、とてもパワフルに進化していました。

小学校を卒業してからもトランペット・吹奏楽をさらに楽しんでいてくれて、僕も吹き続けていることができていて、こうして再開して上達した演奏を聞くことができるというのは、とてもうれしく、幸せなことだなぁと思います。

3年生になる前により、パワーアップしたいということで、高音域への練習の取り組み方や、パート練習や合奏のことなど、演奏を聴きながら感じたことを幾つかアドバイスさせてもらいました。

沢山練習を積み重ねて、ますます素敵なトランペットを演奏してもらいながら、頼もしい先輩として部を引っ張っていってもらえたらなと思いました。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ