100回吹いても


先日のとある学生さんのレッスンでのこと。

課題の曲が上手く吹けず。

ちょっと意地張りモードになって間違えたフレーズを何度か吹く。

僕、あえて様子を見ている。

その子、何度も同じ場所でつまずく、テンポも曖昧。

それを聴いて、昔誰かに言われた言葉を思い出し伝えてみました。

「その吹き方、100回吹いてもその曲できるようにならないよ」

「え!?」

ビックリしていました。

言われた当時の僕も、吹奏楽強豪校などでは当たり前のことも、考えもしていないことでした。

・どう吹くことが目標で

・何が原因でそれが出来なくて

・どう練習すればそれが解決するのか

あえて答えは伝えず、考えてごらん、と、その件に関しては宿題にしてみました。

今のその子にとっては言われるよりも、自分で考えることが大切なような気がしました。

どんな答えを見つけるかな。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ