100回吹いても


先日のとある学生さんのレッスンでのこと。

課題の曲が上手く吹けず。

ちょっと意地張りモードになって間違えたフレーズを何度か吹く。

僕、あえて様子を見ている。

その子、何度も同じ場所でつまずく、テンポも曖昧。

それを聴いて、昔誰かに言われた言葉を思い出し伝えてみました。

「その吹き方、100回吹いてもその曲できるようにならないよ」

「え!?」

ビックリしていました。

言われた当時の僕も、吹奏楽強豪校などでは当たり前のことも、考えもしていないことでした。

・どう吹くことが目標で

・何が原因でそれが出来なくて

・どう練習すればそれが解決するのか

あえて答えは伝えず、考えてごらん、と、その件に関しては宿題にしてみました。

今のその子にとっては言われるよりも、自分で考えることが大切なような気がしました。

どんな答えを見つけるかな。


最新記事

すべて表示

ゲーム音楽

先週始まったオリンピックですが、開会式では選手の入場にゲーム音楽が使われ話題になりました。 否定的な意見もなくはなかったですが、当のゲーム関係者、特にドラクエやFFが作られた時代の関係者の方は、「あれだけ大人達から嫌われていたテレビゲーム、その音楽がオリンピックで使われるようにまでなった」というコメントがたくさん見られました。 自分も世代的に幼児、小学低学年にファミコンが流行り、学年が上がるにつれ