top of page

お米


本日、我が家の炊飯器1号が引退しました。

僕がひとり暮らしを始めた時に買った家電で今残っているのはこの炊飯器だけでした。

シンプルな作りだからなのか、大学時代から今まで壊れずにお米を炊いてくれていました。

僕は米より麺類がすきなので、あまりご飯の味には頓着がないのですが、嫁さんは大の米好きなので、「お米が美味しくない」と結構前から愚痴ってました。

しかし、そんな愚痴はどこ吹く風で、この炊飯器はぜんぜん壊れる様子がなかったのでそのまま現役で使用していました。

最近になって、ついにお釜が少し歪んできたり、中のコーティングが剥がれてこびりつきがひどくなってきてしまい、先日、新しい炊飯器を買いに行くことになってしまいました。

量販店の店員さんもかなりの米好きな様子で、嫁さんと店員さんは熱心に話していました。

そして、コレだ!と思った炊飯器をゲット、本日引退とデビューの日となりました。

お昼、最後の米を炊いた初代炊飯器。炊きあがりはベタベタで、チャーハンにしてみたものの、お米はパラパラせず…。最近は炊きあがりも安定していませんでしたが、それでも、学生時代からの付き合いです。こいつとの想い出は炊飯器なのであんまり無いのですが、それでも今までよく頑張ってくれたなと、すこし寂しさもこみ上げてきたのでした。

そして夜。

新人のデビュー戦です。嫁さんの米とぎ、水の量の計測も心なしかいつもより丁寧な気がします。

炊き上がったお米はさすがに、1万円しなかった初代にくらべ、米の粒の立ち上がりなど、まったく違っていました。米好きではない僕も思わずおかわりしてしまいました。

新人、なかなかの実力です。

初代、いままでありがとう。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page