top of page

お米


本日、我が家の炊飯器1号が引退しました。

僕がひとり暮らしを始めた時に買った家電で今残っているのはこの炊飯器だけでした。

シンプルな作りだからなのか、大学時代から今まで壊れずにお米を炊いてくれていました。

僕は米より麺類がすきなので、あまりご飯の味には頓着がないのですが、嫁さんは大の米好きなので、「お米が美味しくない」と結構前から愚痴ってました。

しかし、そんな愚痴はどこ吹く風で、この炊飯器はぜんぜん壊れる様子がなかったのでそのまま現役で使用していました。

最近になって、ついにお釜が少し歪んできたり、中のコーティングが剥がれてこびりつきがひどくなってきてしまい、先日、新しい炊飯器を買いに行くことになってしまいました。

量販店の店員さんもかなりの米好きな様子で、嫁さんと店員さんは熱心に話していました。

そして、コレだ!と思った炊飯器をゲット、本日引退とデビューの日となりました。

お昼、最後の米を炊いた初代炊飯器。炊きあがりはベタベタで、チャーハンにしてみたものの、お米はパラパラせず…。最近は炊きあがりも安定していませんでしたが、それでも、学生時代からの付き合いです。こいつとの想い出は炊飯器なのであんまり無いのですが、それでも今までよく頑張ってくれたなと、すこし寂しさもこみ上げてきたのでした。

そして夜。

新人のデビュー戦です。嫁さんの米とぎ、水の量の計測も心なしかいつもより丁寧な気がします。

炊き上がったお米はさすがに、1万円しなかった初代にくらべ、米の粒の立ち上がりなど、まったく違っていました。米好きではない僕も思わずおかわりしてしまいました。

新人、なかなかの実力です。

初代、いままでありがとう。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page