top of page

嵐のような10月


2週間連続で台風がきた10月でしたが、毎日がバタバタで、ほんとうに嵐のように過ぎてしまいました。台風明けの青空のように、11月が過ごせたらなと淡い期待をする夜です。

10月最後は金管アンサンブルで終了でした。

僕の師匠も「金管アンサンブルにおいて、五重奏は基本の形で、レパートリーとしても重要なものが多いからしっかり勉強しなさい」と話していましたが、僕もアンサンブルの編成の中では五重奏が一番好きです。

基本的に、スタミナ的な話でいえば、アンサンブルでは人数が少なくなるほど一人あたりの負担は大きくなるわけでして、五重奏ともなると吹くのはめちゃくちゃキツイのですが、僕が中高生の頃は、エムパイア・ブラスとカナディアン・ブラスという金管五重奏団が活躍していた時代で、僕もエムパイア・ブラスのきらびやかなサウンドが大好きで、「こういう音楽がしたい」という気持ちで上京しました。

本日もパワフルなメンバーと一緒に演奏できて、パワーをもらいました。

11月も頑張っていきたいと思います。


最新記事

すべて表示

5月もあっという間に終わりそうですが、 少し思い出しながら今月のことを書いてみます。 ・ライブ 今月は所属バンドで元ピチカート・ファイヴの小西康陽さんのライブのバックバンドを担当させていただく機会がありました。90年代、渋谷系と呼ばれる音楽のムーブメントがありましたがその中心のひとつがピチカート・ファイヴです。 僕も高校生の終わり頃から大学生時代によく聞いていました。そんなピチカート・ファイヴで作

先週はバンドのライブでした。 コロナやらタイミングやらいろいろ難しく、フルメンバーでは1年以上ぶりのライブでした。 やっぱり人前で反応を感じながらのステージは楽しいです。 ただ、やっぱり久しぶり、準備の段階でかなりフルステージを演奏する体力が落ちていると感じました。 人によってやり方はあるんでしょうが、スタミナ的にきついステージがある時、僕の場合は1曲ごとにペース配分やスタミナを削られやすい場所へ

bottom of page