top of page

秋の初見力強化月間


学生の子たちが共通して初見が弱いということを先月はじめのおさらい会でも感じたのですが、初見はある程度”慣れ”の問題だったりしまして、この「初見力」が一定の水準以上だと、楽譜に対する向き合い方や、部活では今まで譜読みにかけていた時間が他の練習に回せたり、後輩の面倒を見ることができたりと、結構良いこともあったりするので、初見力が弱い中高生には、強化月間と称して現在初見のトレーニングを行っています。

初見の力が弱い子は、楽譜に対して「目の使い方」が分かっていなかったり、判断力、決断力が足りなかったりします。このあたりを実体験を通しながら、学んでいきます。

さすがに若いだけあって驚異的な吸収力で、1ヶ月前は全然読めなかった楽譜が、最近ではどんどん読むスピードや正確性が増してきました。

横で見ている僕もビックリですが、ある生徒さんは、本人もずーっと譜面を読むのに時間がかかっていたことを自覚しているので、急に読めるようになって驚いていました。

こういう瞬間はレッスンをやっていてお互い楽しいです。

読むスピードが上がると、エチュードの進度も上がります。結果、曲の中で使われるリズムや音階、分散和音など、より多くのパターンに触れることになるので、この循環に入れると益々、読むスピードが早くなります。

年を越すころには、きっともっと読めるようになっていると思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page