top of page

伴奏合わせ


昨日は来年はじめに行われる発表会に参加される生徒さんたちがピアノの方と合わせる日でした。

朝から日が落ちるまで次々に生徒さんが来て伴奏に合わせて、自分のはいるタイミングやテンポ感、音楽の流れなどを確認していきます。

初めてピアノと合わせた方はピアノの音の大きさに驚いたり、またある生徒さんは伴奏との合わせに緊張したり、逆に淡々と合わせる方もいたりして、それぞれのやり方でアンサンブルを確認していきました。

毎年、この伴奏合わせを越えると、それぞれの生徒さんの発表会前のレッスンもあと数回となり、いよいよ発表会が目前に迫ってきます。

今年は特に発表会が年明け早々の為、油断しているとあっという間に当日がきてしまうので油断ができません。

各生徒さんの合わせを聞きつつ『きっと発表会までにはここまではできるかな』など、残りのレッスンで伝えることも整理しつつの1日となりました。

合わせて、発表会の日に配るプログラムも作成と文字のチェックも進んでいます。

こうして1つ1つのことを着実に片付けながら発表会への気持ちを作っていきます。

参加された生徒さんが、出たことで、何か1つでも掴んで、持ち帰れるように気持ちを切らさず年末を迎えようと思います。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page