top of page

伴奏合わせ


昨日は来年はじめに行われる発表会に参加される生徒さんたちがピアノの方と合わせる日でした。

朝から日が落ちるまで次々に生徒さんが来て伴奏に合わせて、自分のはいるタイミングやテンポ感、音楽の流れなどを確認していきます。

初めてピアノと合わせた方はピアノの音の大きさに驚いたり、またある生徒さんは伴奏との合わせに緊張したり、逆に淡々と合わせる方もいたりして、それぞれのやり方でアンサンブルを確認していきました。

毎年、この伴奏合わせを越えると、それぞれの生徒さんの発表会前のレッスンもあと数回となり、いよいよ発表会が目前に迫ってきます。

今年は特に発表会が年明け早々の為、油断しているとあっという間に当日がきてしまうので油断ができません。

各生徒さんの合わせを聞きつつ『きっと発表会までにはここまではできるかな』など、残りのレッスンで伝えることも整理しつつの1日となりました。

合わせて、発表会の日に配るプログラムも作成と文字のチェックも進んでいます。

こうして1つ1つのことを着実に片付けながら発表会への気持ちを作っていきます。

参加された生徒さんが、出たことで、何か1つでも掴んで、持ち帰れるように気持ちを切らさず年末を迎えようと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page