top of page

伴奏合わせ


昨日は来年はじめに行われる発表会に参加される生徒さんたちがピアノの方と合わせる日でした。

朝から日が落ちるまで次々に生徒さんが来て伴奏に合わせて、自分のはいるタイミングやテンポ感、音楽の流れなどを確認していきます。

初めてピアノと合わせた方はピアノの音の大きさに驚いたり、またある生徒さんは伴奏との合わせに緊張したり、逆に淡々と合わせる方もいたりして、それぞれのやり方でアンサンブルを確認していきました。

毎年、この伴奏合わせを越えると、それぞれの生徒さんの発表会前のレッスンもあと数回となり、いよいよ発表会が目前に迫ってきます。

今年は特に発表会が年明け早々の為、油断しているとあっという間に当日がきてしまうので油断ができません。

各生徒さんの合わせを聞きつつ『きっと発表会までにはここまではできるかな』など、残りのレッスンで伝えることも整理しつつの1日となりました。

合わせて、発表会の日に配るプログラムも作成と文字のチェックも進んでいます。

こうして1つ1つのことを着実に片付けながら発表会への気持ちを作っていきます。

参加された生徒さんが、出たことで、何か1つでも掴んで、持ち帰れるように気持ちを切らさず年末を迎えようと思います。


最新記事

すべて表示

5月もあっという間に終わりそうですが、 少し思い出しながら今月のことを書いてみます。 ・ライブ 今月は所属バンドで元ピチカート・ファイヴの小西康陽さんのライブのバックバンドを担当させていただく機会がありました。90年代、渋谷系と呼ばれる音楽のムーブメントがありましたがその中心のひとつがピチカート・ファイヴです。 僕も高校生の終わり頃から大学生時代によく聞いていました。そんなピチカート・ファイヴで作

先週はバンドのライブでした。 コロナやらタイミングやらいろいろ難しく、フルメンバーでは1年以上ぶりのライブでした。 やっぱり人前で反応を感じながらのステージは楽しいです。 ただ、やっぱり久しぶり、準備の段階でかなりフルステージを演奏する体力が落ちていると感じました。 人によってやり方はあるんでしょうが、スタミナ的にきついステージがある時、僕の場合は1曲ごとにペース配分やスタミナを削られやすい場所へ

bottom of page