top of page

発表会終了


先週末、レッスンをしている別な教室の、

そして昨日、当教室の発表会が終了しました。

まずは参加された生徒さん、お疲れ様でした。

全ての生徒さんが、すばらしい演奏をしていました。

トランペットを初めたばかりの方、

忙しい仕事の合間に練習に取り組んだ方、

去年より難しい曲にチャレンジする方、

自分の力の少し上の曲にチャレンジする方、

今年教室を卒業される方…

それぞれの環境、背景の中でそれぞれに発表会に取り組んでいただいたと思います。

ステージ脇でそれまでのレッスンの事を考えながら演奏を聴かせていただきました。

ひとりひとりの演奏に対しての気持ちを感じることができました。

ステージの上でピアノ伴奏とトランペット1本で演奏する。

それと併せて他の人の演奏を客席で聴く。

これには出演した人でないと感じることのできないことが溢れています。

広い場所に音が響く気持ちよさ

ステージの心細さ

ピアノとの呼吸感

緊張

練習の時との違い

「これはうまくいったな」という喜び

「いつも間違えないところで間違えたな」という悔しさ

他の人の曲を聞いて「やってみたいな」と思ったり

他の人の演奏に心から応援を送ったり

などなど

楽器の演奏技術に対しても、体感的、感情的にも

さまざまな経験、学び、感動を得ることができたんじゃないかなと思います。

難しい楽器なので、"自分はまだ発表会は無理なんじゃないか"と思われる方もいるかと思うのですが、逆に考えると周りにいるのは同じ”楽器、音楽に取り組む人達”なので、そういった意味では、いろんな形態の演奏会の中でも”失敗を恐れず演奏していい貴重なステージ"だとも考えれるのかなと思います。

もちろん全ての生徒さんの都合に合った日程を組むことは難しいのですが、

それでもやはり沢山の生徒さんに参加してほしいなと思っています。

ではまた一緒に次の練習に取り組んで行きましょう!

お疲れ様でした!


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page