旅立ち


東京に来てから上位5本の指には入るんじゃないかなと思う寒い日が続いています。

近くの民家の水道管が破裂したのか、盛大に水が拡散していました。危険な気温です。

そんな寒い日々も続いていますが、新年を越えると、なんとなく色々物事が変化してきます。

春は旅立ちと出会いの季節ですが、レッスンも特に学生さんなんかは、この時期に新しく始める人、卒業や受験勉強の為に退会する人など、出会いと別れは増える時期です。

個人の教室なので、ひとりひとり”レッスンに求めるもの”も違いますし、逆に求めてはいないけれど"これは伝えておきたい"ということもあります。もちろんどの生徒さんも平等に接しているつもりですが、長く通われている生徒さんは、上記の事を考える時間も長く、またレッスンを通じて一緒に成長していく時間も長いだけに、卒業の時には寂しい気持ちも大きくなります。(きちんと向き合ってきたということと思えば、寂しくなるのはいいことなんだとも思ったりしますが)

昨日、ひとりの生徒さんがレッスンを卒業しました。

時間は空くかもしれないけれど、また吹きたいと思っているとのことでした。

今までやった曲を少し吹きながら、苦労した点、この曲をやっていたときに考えていたこと、などを話したりしながらのレッスンでしたが、成長の跡がしっかり感じることができて、嬉しく思いました。

僕自身、トランペットを通じて、音楽を楽しむだけでなく、様々な人との出会いや素晴らしい経験をさせてもらってきています。卒業していく方、学業やお仕事の関係で一度トランペットから離れる方も、またトランペットを手にする日が来ること、そしてそれによって、また素晴らしい出会い・経験ができることを願っています。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ