top of page

旅立ち


東京に来てから上位5本の指には入るんじゃないかなと思う寒い日が続いています。

近くの民家の水道管が破裂したのか、盛大に水が拡散していました。危険な気温です。

そんな寒い日々も続いていますが、新年を越えると、なんとなく色々物事が変化してきます。

春は旅立ちと出会いの季節ですが、レッスンも特に学生さんなんかは、この時期に新しく始める人、卒業や受験勉強の為に退会する人など、出会いと別れは増える時期です。

個人の教室なので、ひとりひとり”レッスンに求めるもの”も違いますし、逆に求めてはいないけれど"これは伝えておきたい"ということもあります。もちろんどの生徒さんも平等に接しているつもりですが、長く通われている生徒さんは、上記の事を考える時間も長く、またレッスンを通じて一緒に成長していく時間も長いだけに、卒業の時には寂しい気持ちも大きくなります。(きちんと向き合ってきたということと思えば、寂しくなるのはいいことなんだとも思ったりしますが)

昨日、ひとりの生徒さんがレッスンを卒業しました。

時間は空くかもしれないけれど、また吹きたいと思っているとのことでした。

今までやった曲を少し吹きながら、苦労した点、この曲をやっていたときに考えていたこと、などを話したりしながらのレッスンでしたが、成長の跡がしっかり感じることができて、嬉しく思いました。

僕自身、トランペットを通じて、音楽を楽しむだけでなく、様々な人との出会いや素晴らしい経験をさせてもらってきています。卒業していく方、学業やお仕事の関係で一度トランペットから離れる方も、またトランペットを手にする日が来ること、そしてそれによって、また素晴らしい出会い・経験ができることを願っています。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

bottom of page