top of page

旅立ち


東京に来てから上位5本の指には入るんじゃないかなと思う寒い日が続いています。

近くの民家の水道管が破裂したのか、盛大に水が拡散していました。危険な気温です。

そんな寒い日々も続いていますが、新年を越えると、なんとなく色々物事が変化してきます。

春は旅立ちと出会いの季節ですが、レッスンも特に学生さんなんかは、この時期に新しく始める人、卒業や受験勉強の為に退会する人など、出会いと別れは増える時期です。

個人の教室なので、ひとりひとり”レッスンに求めるもの”も違いますし、逆に求めてはいないけれど"これは伝えておきたい"ということもあります。もちろんどの生徒さんも平等に接しているつもりですが、長く通われている生徒さんは、上記の事を考える時間も長く、またレッスンを通じて一緒に成長していく時間も長いだけに、卒業の時には寂しい気持ちも大きくなります。(きちんと向き合ってきたということと思えば、寂しくなるのはいいことなんだとも思ったりしますが)

昨日、ひとりの生徒さんがレッスンを卒業しました。

時間は空くかもしれないけれど、また吹きたいと思っているとのことでした。

今までやった曲を少し吹きながら、苦労した点、この曲をやっていたときに考えていたこと、などを話したりしながらのレッスンでしたが、成長の跡がしっかり感じることができて、嬉しく思いました。

僕自身、トランペットを通じて、音楽を楽しむだけでなく、様々な人との出会いや素晴らしい経験をさせてもらってきています。卒業していく方、学業やお仕事の関係で一度トランペットから離れる方も、またトランペットを手にする日が来ること、そしてそれによって、また素晴らしい出会い・経験ができることを願っています。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page