top of page

アカギが終わったらしい


2月です。

昨日、ネットニュースに「アカギ」が終わったと出ていました。

ほとんどの人には興味の無い話だと思うのですが、

麻雀のマンガです。

興味のない人にとっては名前も聞いたことのないマンガかもしれませんが、

このマンガがニュースになったのはたぶん、

「1晩の麻雀の話を20年やっていたから」

だと思います。

藤原竜也さん主演での映画化やアニメ化、最近ではマンガ内の設定をつかったTV番組も作成された

「カイジ」の作者、福本伸行先生の麻雀マンガで、心理描写や、魅力的なセリフなどで麻雀をしない人にも読まれていたマンガだったのですが、

とある、お金持ちの老人と、命をかけた麻雀勝負が始まってからと言うもの、

全然決着がつかない…。

1晩のはなしなのに1つの話で5分も進まない…。

1年連載して1時間も進まない…。

そんな進行ペースにどんどん脱落者が出ていきました(笑)

僕も、20代半ばで読むのを諦めました…。

そして、10年後、

「そういえばアカギってどうなったんだろう」と思って調べてみると

まだ勝負している!!!!!

そんな事実に気が遠くなったのが数年前。

そんなマンガが終わったということで、そりゃニュースにもなるなと

思ったわけです。

もはや途中のお話は置いておいても、どういう決着になったのかは気になります。

単行本が出たら読んでみようと思っています。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page