top of page

アカギが終わったらしい


2月です。

昨日、ネットニュースに「アカギ」が終わったと出ていました。

ほとんどの人には興味の無い話だと思うのですが、

麻雀のマンガです。

興味のない人にとっては名前も聞いたことのないマンガかもしれませんが、

このマンガがニュースになったのはたぶん、

「1晩の麻雀の話を20年やっていたから」

だと思います。

藤原竜也さん主演での映画化やアニメ化、最近ではマンガ内の設定をつかったTV番組も作成された

「カイジ」の作者、福本伸行先生の麻雀マンガで、心理描写や、魅力的なセリフなどで麻雀をしない人にも読まれていたマンガだったのですが、

とある、お金持ちの老人と、命をかけた麻雀勝負が始まってからと言うもの、

全然決着がつかない…。

1晩のはなしなのに1つの話で5分も進まない…。

1年連載して1時間も進まない…。

そんな進行ペースにどんどん脱落者が出ていきました(笑)

僕も、20代半ばで読むのを諦めました…。

そして、10年後、

「そういえばアカギってどうなったんだろう」と思って調べてみると

まだ勝負している!!!!!

そんな事実に気が遠くなったのが数年前。

そんなマンガが終わったということで、そりゃニュースにもなるなと

思ったわけです。

もはや途中のお話は置いておいても、どういう決着になったのかは気になります。

単行本が出たら読んでみようと思っています。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page