アカギが終わったらしい


2月です。

昨日、ネットニュースに「アカギ」が終わったと出ていました。

ほとんどの人には興味の無い話だと思うのですが、

麻雀のマンガです。

興味のない人にとっては名前も聞いたことのないマンガかもしれませんが、

このマンガがニュースになったのはたぶん、

「1晩の麻雀の話を20年やっていたから」

だと思います。

藤原竜也さん主演での映画化やアニメ化、最近ではマンガ内の設定をつかったTV番組も作成された

「カイジ」の作者、福本伸行先生の麻雀マンガで、心理描写や、魅力的なセリフなどで麻雀をしない人にも読まれていたマンガだったのですが、

とある、お金持ちの老人と、命をかけた麻雀勝負が始まってからと言うもの、

全然決着がつかない…。

1晩のはなしなのに1つの話で5分も進まない…。

1年連載して1時間も進まない…。

そんな進行ペースにどんどん脱落者が出ていきました(笑)

僕も、20代半ばで読むのを諦めました…。

そして、10年後、

「そういえばアカギってどうなったんだろう」と思って調べてみると

まだ勝負している!!!!!

そんな事実に気が遠くなったのが数年前。

そんなマンガが終わったということで、そりゃニュースにもなるなと

思ったわけです。

もはや途中のお話は置いておいても、どういう決着になったのかは気になります。

単行本が出たら読んでみようと思っています。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ