top of page

日曜大工


レッスン部屋の机や収納は、なるべく「悪い意味でのスペースの無駄」が出来ないようなものをと思ったんですが、既製品はちょうどよいものが見つからず、かといってオーダーは金額的にとてもとても手が出ないということで、かなり迷ったんですが「自分で作って見よう」という事になりました。

初めての自作家具が新居の家具ということでドキドキでしたが、最近はDIYも流行っているらしく、動画サイトなど色々情報を調べることが出来たのが、決断の後押しになりました。

が…

いざ準備を始めてみるとなかなか進まない…。

当たり前の話、自分で作るので全部自分で決めないといけないわけですが、思った以上にこれがキツかったです。

部屋の寸法から家具の形にサイズを当てはめていきます。使い勝手を考えながらベストのサイズを探って行き、全てのサイズを決めたらいざ、ホームセンターへ。

想定した厚さの板がない…

仕方ないので、近い厚さの板を見繕って材料を決定。でも厚さが変わると色々数字が変わるわけで…(泣)

ホームセンターで1時間以上かけて全部の数字を書き直してカットをお願いしました。

組み立てもネジひとつ締めるのにめちゃくちゃ時間かかかりながらなんとか組み立てて行きます。

家の工事と同時進行だったので、棚の部分はありがたいことに大工さんに手伝ってもらうことが出来ました。

プロの仕事早すぎました。すごすぎた。

そんな感じで、自分的にはイメージ通りかなりいい感じに完成しました。

金額的にも既製品で揃えるよりもかなり抑えられました。

いいことも多かったですが、もう当分やりたくないなとも思いました(笑)


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page