マーチングと20世紀少年


昨日はお誘いいただきとある学校のマーチング部の演奏会に行ってきました。

全国区の学校ということで、練習量も凄まじいらしく、1時間半を超える演奏会の最後までパワフルな演奏を聴かせていただきました。若いって凄い…。

「ブラック部活」という言葉も最近はありますが、自分の今があるのは間違いなく部活の影響ですし、学生時代に何かに熱中することは悪いことではないと思うのです。(もちろんそれが部活以外でもいいと思います。)

久しぶりに都電荒川線の路面電車に乗れたのも嬉しかったです。

そして本日は、東京フィルハーモニー交響楽団による作曲家岩代太郎さんと、漫画家浦沢直樹さんによるマンガと手塚治虫をテーマにした演奏会に行ってきました。

音楽に合わせて絵を描いてみたり、手塚治虫のアニメ曲に合わせてマンガのシーンを上映したりと楽しい趣向の演奏会でした。

最近は全然書いてませんが、僕も絵を描くのが好きなので、浦沢直樹さんが生で絵を描く過程を見れて大満足でした。

下書きなしで迷いなくペンを走らせる姿がかっこよかったです。

オケの演奏も素晴らしく、2日間でたくさんの刺激を受けることができました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ