top of page

マーチングと20世紀少年


昨日はお誘いいただきとある学校のマーチング部の演奏会に行ってきました。

全国区の学校ということで、練習量も凄まじいらしく、1時間半を超える演奏会の最後までパワフルな演奏を聴かせていただきました。若いって凄い…。

「ブラック部活」という言葉も最近はありますが、自分の今があるのは間違いなく部活の影響ですし、学生時代に何かに熱中することは悪いことではないと思うのです。(もちろんそれが部活以外でもいいと思います。)

久しぶりに都電荒川線の路面電車に乗れたのも嬉しかったです。

そして本日は、東京フィルハーモニー交響楽団による作曲家岩代太郎さんと、漫画家浦沢直樹さんによるマンガと手塚治虫をテーマにした演奏会に行ってきました。

音楽に合わせて絵を描いてみたり、手塚治虫のアニメ曲に合わせてマンガのシーンを上映したりと楽しい趣向の演奏会でした。

最近は全然書いてませんが、僕も絵を描くのが好きなので、浦沢直樹さんが生で絵を描く過程を見れて大満足でした。

下書きなしで迷いなくペンを走らせる姿がかっこよかったです。

オケの演奏も素晴らしく、2日間でたくさんの刺激を受けることができました。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page