top of page

マーチングと20世紀少年


昨日はお誘いいただきとある学校のマーチング部の演奏会に行ってきました。

全国区の学校ということで、練習量も凄まじいらしく、1時間半を超える演奏会の最後までパワフルな演奏を聴かせていただきました。若いって凄い…。

「ブラック部活」という言葉も最近はありますが、自分の今があるのは間違いなく部活の影響ですし、学生時代に何かに熱中することは悪いことではないと思うのです。(もちろんそれが部活以外でもいいと思います。)

久しぶりに都電荒川線の路面電車に乗れたのも嬉しかったです。

そして本日は、東京フィルハーモニー交響楽団による作曲家岩代太郎さんと、漫画家浦沢直樹さんによるマンガと手塚治虫をテーマにした演奏会に行ってきました。

音楽に合わせて絵を描いてみたり、手塚治虫のアニメ曲に合わせてマンガのシーンを上映したりと楽しい趣向の演奏会でした。

最近は全然書いてませんが、僕も絵を描くのが好きなので、浦沢直樹さんが生で絵を描く過程を見れて大満足でした。

下書きなしで迷いなくペンを走らせる姿がかっこよかったです。

オケの演奏も素晴らしく、2日間でたくさんの刺激を受けることができました。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page