top of page

ぐーるぐる


先日、傷心の友人を慰める会が開かれました。

話を聴いたり、自分の失敗談を話したりしました。

トランペットの曲で日本を代表する作曲家の故・武満徹さんによって書かれた「径」(みち)という曲があります。

ソロ・コンクールの課題曲になったりして、クラシック系トランペット吹きには少しおなじみの曲です。不思議な譜面と、静かで似た旋律が繰り返し出てくるので、昔は全然好きではなかったのです。

販売されている楽譜には曲想や解説はほぼ書かれていないのですが、武満徹さんの後期の作品は日本の回遊庭園が着想のひとつになっているそうで、この曲もおそらく回遊庭園の発想が使用されていると思います。

庭を散策してぐるっと1周したとき、戻ってきた場所は歩き始めた場所とちょっとだけ違う地点。

そこから見える景色も少し違う見え方をして、そしてまたぐるぐると散策をする。

ダイエット、失恋、安物買い…。同じような失敗を繰り返しがちですが、経験をすることで、ちょっとずつ視点が変化していく。

練習も、同じ練習を繰り返しながら、それでも、過去の自分とは違った視点、感覚で練習に取り組むことができたり。

同じところを回っているようで全く同じではないっていうのは深いテーマだなぁと思ってからは、少しこの曲の感じ方が変わりました。

いろんなものをぐるぐるする日々ですが、ちょっとずつポジティブな方向に変化していきたいもんですね、と、友人とは話をしたのでした。


最新記事

すべて表示

商店街

今月、神奈川の白楽という駅にある商店街のイベントにバンドでお呼ばれして 演奏してきたのですが、そこの商店街がとても雰囲気がよかったです。 僕の実家は商店を経営していて、地元の商店街の中に住んでいました。 なので商店街は僕の原風景です。 ただ、これは仕方のないことですが、大きな道路ができたり、郊外に大きな商業施設ができたり、街の人口が減ったりといろいろな条件が重なって、各地の商店街は少しずつ元気がな

リベンジ会

今までやったことのない企画だったのですが、過去の発表会で演奏した曲で、演奏内容が自分的に納得がいっていない曲、もしくはあの時はああいう演奏だったけど、今演奏したらもっと違う演奏をするんじゃないかといった曲を改めて演奏してみる会、「リベンジ会」といったことを企画してみました。 元々はとある生徒さんとの会話が発端で、上記のような話があり、他にもそんな曲がある人はいるかな?とフルートの教室の生徒さんと併

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

bottom of page