top of page

ぐーるぐる


先日、傷心の友人を慰める会が開かれました。

話を聴いたり、自分の失敗談を話したりしました。

トランペットの曲で日本を代表する作曲家の故・武満徹さんによって書かれた「径」(みち)という曲があります。

ソロ・コンクールの課題曲になったりして、クラシック系トランペット吹きには少しおなじみの曲です。不思議な譜面と、静かで似た旋律が繰り返し出てくるので、昔は全然好きではなかったのです。

販売されている楽譜には曲想や解説はほぼ書かれていないのですが、武満徹さんの後期の作品は日本の回遊庭園が着想のひとつになっているそうで、この曲もおそらく回遊庭園の発想が使用されていると思います。

庭を散策してぐるっと1周したとき、戻ってきた場所は歩き始めた場所とちょっとだけ違う地点。

そこから見える景色も少し違う見え方をして、そしてまたぐるぐると散策をする。

ダイエット、失恋、安物買い…。同じような失敗を繰り返しがちですが、経験をすることで、ちょっとずつ視点が変化していく。

練習も、同じ練習を繰り返しながら、それでも、過去の自分とは違った視点、感覚で練習に取り組むことができたり。

同じところを回っているようで全く同じではないっていうのは深いテーマだなぁと思ってからは、少しこの曲の感じ方が変わりました。

いろんなものをぐるぐるする日々ですが、ちょっとずつポジティブな方向に変化していきたいもんですね、と、友人とは話をしたのでした。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page