top of page

クールダウン


昨日は大きな音で吹いたり、高い音を出したりと、唇に負担が大きな状態で吹く時間が多くなってしまったので、クールダウンを念入りに行いました。

金管楽器の練習後にクールダウンを取り入れている学校は無いわけではないのですが、まだまだ少ないという印象です。

当教室の生徒さんも、クールダウンの話をすると「何をするんですか?」といった質問をいただくことが多いです。

スポーツの世界ではウォームアップとクールダウンは一般的に行われているようですし、スポーツをしない人でも何となくイメージはあるんじゃないかと思います。

例えば柔軟体操をしたり、サッカー選手が足を上げながら回して進む映像なんかはテレビでも目にすることがあります。

なんの競技もそうですが、日常生活と、競技では動かす部位や範囲が大きく異なります。

日常生活では身体を大きく動かさなくても生活はできるので、身体もその範囲で動ければいいぐらいになっているのですが、そのままいきなりスポーツをすると必要な動きに身体がついていかず無理をすることになったり、ケガをすることもあります。また、逆に、これからする競技の要素をもった動作を何度か繰り返してから競技をすると、スムーズに動けたりします。

そういった、「これから行う動作がスムーズに出来るように準備をすること」がウォームアップです。

トランペットの場合は、身体、呼吸や、唇、舌、指の動きが演奏したときにスムーズに動くように準備をして演奏に臨みます。

ただ、実際の演奏はいろんな動きが出てくるので、完全に理想的な吹き方で演奏し続けることは無理です。(そもそも完全に理想的な吹き方なんてものがあるのか、その吹き方ができるのかっていう話もありますが)

吹き続けていくうちに、いろんな所に歪みがでてきますし、疲労も溜まっていきます。

1日の練習、演奏が終わる頃には、ウォームアップが終わった時の状態からは大きく離れているんじゃないでしょうか。

それなのにそのまま楽器をしまってしまうと、身体はその歪んだフォームの状態を覚えてしまい、次の日の練習はその歪んだフォームからスタートです。なんだか怖い話です。

抜群の回復力と幸運で、そのまま順調に成長する人もいるとは思いますが、ある日その歪みがピークになった時に「音がでない」「思ったように口が動いてくれない」と調子を崩してしまった経験のある人も多いかと思います。1度調子が崩れると戻すのはなかなか大変な作業です。

1日の練習・演奏が終わった後は、少しでいいのでウォームアップが終わった状態を思い出してその状態をイメージしながら出しやすい音、音階などで自分のフォームを整えてから楽器をしまうと、調子が崩れにくかったり、次の日にダメージが残りにくいと思います。

今日の動作を思い出して、あちこちの歪みを整え、ほぐして明日また歪み、疲れのない状態、少ない状態でスタートできるようにするのがクールダウンなのかなと思っています。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page