top of page

片付け・る/ない


部屋はキレイなほうが落ち着くタイプです。

「仕事のできる人の机は美しい」とか「天才の机は散らかっている」とか、どっちやねん!と言いたくなりますが、ある程度散らかっていた方がいろいろ捗る人、片付いていたほうが捗る人、友人知人を見ても様々だなと思います。僕から見て仕事ができる人も両方のタイプがいるので「こうじゃなきゃいけない」ってのはないんじゃないでしょうか。

僕は、散らかっているとまず片付けたくなってしまうので、結果としてやらないといけないことが後回しになるのと、整頓されてないと何からやったらいいか気持ちが少し混乱するので、せめて仕事部屋は整理整頓するようになりました。

この辺が逆なタイプが一緒に住むと、結構お互いストレスなようで、大学在学中、卒業後にルームシェアしていた友人の何人かはこれが原因でケンカ別れしていました。難しいもんです。

収納用品や部屋の小物はなるべくゆっくり選んで買うことがどうも好きなようです。

「あの部屋のどこにコレを置いて〜」「いやいや、サイズ感が微妙に合わなそうだな」など、ちょっとずつ気に入ったもの、納得のいったものを買い足していくのは悩む時間も買った後に目当ての場所に置くのも楽しいです。

前の家と前の前の家はかなり狭く、モノを増やす余裕はなかったので、家具・雑貨関係はあまり見ないようにしていましたが、そんな時期が長かったので、すっかりどの辺にそういうお店があるかが分からなくなってしまいました。また改めて面白そうなお店も探していこうかなと、そのあたりもこれからちょっと楽しみです。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page