top of page

NEOGEOミニですって!


僕の世代はファミコン以降のゲーム機の進化と共に子供時代を送っていた世代です。

それぞれのゲーム機にそれぞれ想い出のソフトがあって、当時はそんなにゲームばかりやってたつもりはなかったのですが、それでも今になって思い返してみると結構やってたんだなぁと思います。

家でやるゲームはもちろん、アーケード、お店にある100円玉を入れてやるゲームも盛り上がっていました。

当時の東京のことは知りませんが、僕の街の男の子は学校が終わると街に1つだけあるおもちゃ屋さんの奥にあるゲームコーナーに集合してはいろんなゲームに熱中していました。お金がなくてできなくても、人のやっている画面を後ろからワイワイ見ていました。

ちょうど、ストリートファイターⅡや、バーチャ・ファイターなど、格闘ゲーム全盛期で、誰かが強敵を倒すと、友達だろうとそうでなかろうと、その空間全体が大興奮で盛り上がっていました。最後のボスを見た、倒した場面にいたっていうだけで、次の日のクラスの男子の話題の中心になれたりするぐらいに、みんなハマっていました。当時の幾つかの格闘ゲームは当時の中高生男子だった人であればある程度がっつり話せる人も多いんじゃないかと思います。

そんな、アーケード格闘ゲームブームのなかで、数多くの名作、ヒット作を産んだブランド、SNKから40周年を記念して"NEOGEOミニ"が発売されるとの発表がありました!

↓コレです

去年、一昨年、ファミコンミニとスーファミミニが発売されて話題になり、僕も買おうかとても迷ったのですが、個人的にはこっちのほうがかなり惹かれます!

なぜか液晶つきで、当時の筐体を再現しています。

収録ソフトも、当時さんざんやったものを多数収録していて、そのタイトルを見ただけで、当時遊んだ友達の顔や場面が思い出されてなんともノスタルジックな気持ちになってしまいます。

発売日や価格がまだ発表されていないので、買う買わないはまだわかりませんが、当時の記憶を呼び起こすとてもアツいニュースでした。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page