NEOGEOミニですって!


僕の世代はファミコン以降のゲーム機の進化と共に子供時代を送っていた世代です。

それぞれのゲーム機にそれぞれ想い出のソフトがあって、当時はそんなにゲームばかりやってたつもりはなかったのですが、それでも今になって思い返してみると結構やってたんだなぁと思います。

家でやるゲームはもちろん、アーケード、お店にある100円玉を入れてやるゲームも盛り上がっていました。

当時の東京のことは知りませんが、僕の街の男の子は学校が終わると街に1つだけあるおもちゃ屋さんの奥にあるゲームコーナーに集合してはいろんなゲームに熱中していました。お金がなくてできなくても、人のやっている画面を後ろからワイワイ見ていました。

ちょうど、ストリートファイターⅡや、バーチャ・ファイターなど、格闘ゲーム全盛期で、誰かが強敵を倒すと、友達だろうとそうでなかろうと、その空間全体が大興奮で盛り上がっていました。最後のボスを見た、倒した場面にいたっていうだけで、次の日のクラスの男子の話題の中心になれたりするぐらいに、みんなハマっていました。当時の幾つかの格闘ゲームは当時の中高生男子だった人であればある程度がっつり話せる人も多いんじゃないかと思います。

そんな、アーケード格闘ゲームブームのなかで、数多くの名作、ヒット作を産んだブランド、SNKから40周年を記念して"NEOGEOミニ"が発売されるとの発表がありました!

↓コレです

去年、一昨年、ファミコンミニとスーファミミニが発売されて話題になり、僕も買おうかとても迷ったのですが、個人的にはこっちのほうがかなり惹かれます!

なぜか液晶つきで、当時の筐体を再現しています。

収録ソフトも、当時さんざんやったものを多数収録していて、そのタイトルを見ただけで、当時遊んだ友達の顔や場面が思い出されてなんともノスタルジックな気持ちになってしまいます。

発売日や価格がまだ発表されていないので、買う買わないはまだわかりませんが、当時の記憶を呼び起こすとてもアツいニュースでした。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ