top of page

チョコミン党


子供の頃、通っていたスイミングスクールの入り口にアイスの自動販売機があり、プール後にそれを買うのが楽しみだったのですが、数あるアイスの中でチョコミントが好きでした。

世にある食べ物の中でも好きと嫌いが真っ二つに割れる食べ物はいろいろあるんでしょうが、チョコミントはその代表格の1つではないでしょうか。

嫌チョコミント民は言います「歯磨き粉の味じゃん」と。

まったくのナンセンスです。

彼らもミント味のガムは食べるのに、そこについては何も言わないのです。

あれこそまさに歯磨き粉の味なのに。ダブルスタンダード民です。

チョコミント好きの人のカウンターとして「料理に使う香草としてのミントが先で、それを歯磨き粉に使ってるだけじゃん」というのがテンプレートとしてあるわけですが、嫌チョコミント民はチョコがスースーするのが嫌なようで、逆に好きな人は、べったりとしたチョコの甘さが、ミントによって甘さと爽やかさが両立するのが良いと感じているんではないでしょうか。

一昨年くらいから、夏が近づくとスーパー、コンビニでチョコミントの商品が発売され、商品数も増えたように思います。

世の中に一定数のチョコミン党がいること、彼らは日陰生活が長かったために、チョコミント味を見るとつい手にとってしまうという悲しい習性をメーカーも気づき始めたようです。

そんなわけで、チョコミン党の僕は今日もひとつ買ってしまうのです。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page