top of page

いくつになっても


関東も梅雨入りとのことですが、今年はメリハリ型だそうで、”降るときは降る、降らないときは晴れる”といった空模様になるそうです。

梅雨の間も晴れてくれるのは嬉しい反面、降る日にあんまりどかどかと降らないでと願ってしまいます。

先日、僕の先生のバースデーライブがあるということで聴きに行ってきました。

クラシックの曲から映画音楽まで様々な曲をパワフルに演奏されていて、毎回のことですがその音楽に圧倒されました。

僕が大学生だった頃、ピアニスト、ヴァイオリニストは高齢でもなお巨匠とよばれ素晴らしい演奏を披露する名手もいましたが、トランペットはそういった楽器にくらべるとパフォーマンスが年齢によって低下するスピードは早かったように思います。

「トランペットの神様」と呼ばれたモーリス・アンドレの最後の来日公演。僕が生で聴くはじめてのアンドレでしたが、往年の演奏を知る人達はひどく落胆したと言っていました。

先生は現在63歳。

オーケストラに在籍していたころと遜色のない輝かしい豊かな音色と朗々とした表現を今でも維持し続けています。日野皓正さんも70を超えてなお精力的に、パワフルに活動されています。

最近はトランペットの演奏家の演奏寿命も伸びてきているのかもしれません。

いくつになっても吹き続けられると思うと、勇気が湧いてきます。

スポーツの世界では「練習中水を飲むな」や「ピッチャーは肩を冷やすな」など、昔言われていたことが今では非常識とされ、180度ひっくり返っているようなことが多くあります。

トランペットも「歳をとったら吹けない」というのはもう過去のことなんじゃないかなと思います。

それだけでなく、「金管は男子がやるもの、パワーが必要」と、昔はそんな話を聞くこともありましたが、国内でも最近はトランペットのコンクールで優勝する女性のプレーヤーがたくさん出てきています。

「身体の大きな方が有利」というのはある意味正しいのかもしれませんが、身体が大きくなくても高い音をバンバンだすプレーヤーもたくさんいます。

正しいと思っていたことが思い込みだったということはこれからもたくさん出てくるように思います。レッスンをする側としてはそういったアップデートされた常識も気にしながら情報収集しないとなと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page