top of page

東京都の高校バンフェスに行ってきました


昨日は東京都の高等学校のバンドフェスティバルを聴きに行ってきました。

複数の学校が一箇所に集まってそれぞれ演奏を披露する、吹奏楽連盟主催のコンサートです。

僕の地元は小中高・一般と地区の吹奏楽団体が一緒に開催していましたが、さすがに関東は学校数が多いので、細かく分かれています。

学生の子たちもレッスンに通っている関係もあり、なんとなく東京、埼玉のレベルは定期的に確認しておきたいと思っているので、こういうイベントはありがたいです。

約3ヶ月〜半年ほどかけて作り上げるコンクール曲とは違い、短い期間で仕上げる曲(同じ曲の学校もあるようでしたが)をどう作っているのかでなんとなく部の方針だったり、雰囲気が分かるように思います。

それにしてもレベルはまちまちですが、どの学校も趣向をこらした演出や、選曲で、飽きることなく鑑賞させていただきました。

こういった優劣のないイベントでも、しっかりステージを楽しむことができるのは各校の顧問の先生のおかげで、どの学校の先生も情熱的に部活に取り組んでいるのだなと思うと頭が下がりっぱなしです。

出演団体数が多いと、自然と演出もお互いに参考にしあってどんどんアイデアが共有、拡散されて発展していくわけで、そういう意味でふと、地元の子たちにもこういう情報は伝えてあげたいなぁとしみじみ思ったりもしました。

僕にとってもいろんなアイデアや発見があって、とても有意義なコンサートでした。


最新記事

すべて表示

ドンピシャ世代

今月、鳥山明先生と声優のTARAKOさんが亡くなったというニュースは僕的にかなり衝撃的な出来事でした。(というかまぁ世界的に大きなニュースだったんですが) ドラクエの音楽を担当されていたすぎやまこういち先生は悲しさはあったものの年齢的には90歳と高齢でお亡くなりになったのでそうかぁという気持ちだったのですが、鳥山先生もTARAKOさんもまだまだいろいろと活躍されるんだろうなと思っていたのでショック

筋肉のはなし

先日、高校の吹奏楽指導に行ってきました。 学校指導は学校によって生徒のカラーがあって、楽しいですね。 レッスンをしていて極端にカラダを使えていない吹き方をしている子がいました。 それが原因で全部のバランスが崩れているので少しずつで良いのでもっと息を使った吹き方をしていこう、という話をしました。 身体を使う、息を使うことは筋肉の動作なので意識をしたらその日から劇的に改善するものではありません。ある日

息遣い

今週のレッスンは息の使い方についてアドバイスすることが多かったので今日はそのことについて書いてみようかなと思います。 僕も20代の時、レッスンを受けるなかで、息の使い方について言われることが多い時期がありました。トランペットは息と唇のバランスが重要なのですが、トランペットを吹くことに問題を抱えている時に、そのバランスや息の使い方にもっと良い方法があったとしても、このバランス感覚は言葉だけでは伝える

bottom of page