top of page

東京都の高校バンフェスに行ってきました


昨日は東京都の高等学校のバンドフェスティバルを聴きに行ってきました。

複数の学校が一箇所に集まってそれぞれ演奏を披露する、吹奏楽連盟主催のコンサートです。

僕の地元は小中高・一般と地区の吹奏楽団体が一緒に開催していましたが、さすがに関東は学校数が多いので、細かく分かれています。

学生の子たちもレッスンに通っている関係もあり、なんとなく東京、埼玉のレベルは定期的に確認しておきたいと思っているので、こういうイベントはありがたいです。

約3ヶ月〜半年ほどかけて作り上げるコンクール曲とは違い、短い期間で仕上げる曲(同じ曲の学校もあるようでしたが)をどう作っているのかでなんとなく部の方針だったり、雰囲気が分かるように思います。

それにしてもレベルはまちまちですが、どの学校も趣向をこらした演出や、選曲で、飽きることなく鑑賞させていただきました。

こういった優劣のないイベントでも、しっかりステージを楽しむことができるのは各校の顧問の先生のおかげで、どの学校の先生も情熱的に部活に取り組んでいるのだなと思うと頭が下がりっぱなしです。

出演団体数が多いと、自然と演出もお互いに参考にしあってどんどんアイデアが共有、拡散されて発展していくわけで、そういう意味でふと、地元の子たちにもこういう情報は伝えてあげたいなぁとしみじみ思ったりもしました。

僕にとってもいろんなアイデアや発見があって、とても有意義なコンサートでした。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page