カメラ部2018夏


数年前から一部のクラシック系の演奏者でカメラを始める人が増えています。

凝り性の人も多いので、親和性があるのかもしれません。

そんな音楽仲間数人で、今月の初めの方に久しぶりにカメラを持ってでかけてきました。

今回のお目当ては横浜です。

行くたびに思いますが、おしゃれな街です。

そのへんパシャパシャ撮るだけでおしゃれになります。

カメラは、本体、レンズでできることが決まっているので、その機能を頭に入れた状態で、目の前の景色をどういうふうに撮れば思うような絵になるのかを考えながら試行錯誤するのが楽しいと思っています。

没頭してしまうので気づかないうちに時間が過ぎます。

頭の中がスッキリして、満足感も高いです。

他のことを考えない時間っていいなぁと思うわけです。

今回は夜景メインでした。三脚必須です。

僕のカメラは小さいので、三脚も小さいのですが、高さがないのでそれは今後の課題だなと思いました。


最新記事

すべて表示

前回に続いてレコード話です。 セッティングを終えて自分達のレコードを再生してみました。 (買ったタイプは7インチ、12インチを選ぶと自動で再生位置に針を落としてくれます。便利!) 予想よりかなり音がいい!というか普通に綺麗! そんなふうに感じました。 同時に「データ再生とやっぱり音が違うな」というのもわかりました。 デジタルとアナログ盤で音が違うというのは聞いたことがあったのですが、結構違いがあり

先週、少し重いリュックを背負いながら長距離を歩いたからか、腰が痛いです。 そういえば持っているものの重さも量も違いますが、父も僕が子供の頃から腰が痛い腰が痛いと言っていたので、遺伝的に弱いとかもあるのかなと思ったり。 デスクワークではないですが生楽器を演奏する人たちは座っての演奏も多いので、わりと腰を痛める友人もちらほら思い浮かびます。 息を吸っても痛いので、楽器を吹くにも難儀しますが、湿布を貼っ