top of page

お盆も終わって、吹奏楽コンクールも落ち着いてきました。


数日前から涼しく、過ごしやすい日が続いています。

今週はレッスンは少なめ。

日頃溜まっていた色々を片付けていました。

このことも別日に書きたいと思います。

吹奏楽コンクールも、地区によって日はバラバラですが、関東大会、全国大会以外の予選大会はだいたい終了しました。

教室に通っている生徒さん達、指導に行った学校もそれぞれ、いい結果、悔しい結果、いろいろとご報告いただきました。

甲子園と違うのは、団体を選べば吹奏楽コンクールは大人まで参加可能という点でしょうか。

良い結果の人はさらに、、、そして今回残念ながら悔しい結果だった人は次にむけて、力を蓄えていってほしいと思っています。

学校のバンド指導に行く講師の方たちが毎回話すことなのですが、

「本番の直前に呼ばれてもできることは少ない」というのが共通認識としてあります。

運動部同様、吹奏楽の実力は日々の練習の積み重ね。特にパートの講師はそれぞれのパートの強化を目的に指導を依頼されるので、本番の直前に呼ばれて「もっといい音になりませんか? もっと高い音が大きく鳴るようになりませんか?」と相談されてもできることは多くないように感じます。

秋から春にかけて在校生の実力をしっかり固めて、春からは新入部員の育成と、コンクール曲を磨いていくスケジュールのほうがスムーズなように思うのですが、学校も先生も部活以外の活動のほうが多いわけで、なかなかそういうわけにもいかないのかもしれないなぁと、なんともいえない心境になります。

まぁ学校指導はお声がかからなければこちらからは何もできませんが、教室に通っている学生さんたちは、春に向けてしっかりレベルアップしてもらえたらなと思っています。

「コンクールでいい演奏がしたい」という気持ちで7、8月で目覚ましい成長を見せた生徒さん達もいました。その勢いのまま基礎力、パート練習に対する考えを深めて新体制への準備を一緒にしていきたいと思っています。

高音・スタミナへのアプローチ、表現力の強化、初見・アンサンブル力などなど、やらなければいけないことてんこ盛りですが頑張ってもらえたらと思います。


最新記事

すべて表示

先週末は発表会の伴奏合わせがありました。 発表会が近くなる頃、ピアノの先生にお願いして参加者の方と事前の合わせをしています。 トランペットに限らず管楽器の人は音大生やプロの人は別として、あまりソロを吹く機会は多くないんじゃないかと思います。ですのでピアノと合わせるというのも発表会に参加する意義のひとつだと思います。 実際、ソロ譜をちゃんと吹くことができてもいざピアノと合わせると上手くいかないという

ここ3年間、厄年だったのですが、ようやく終わりました。 厄年は旧暦で考えるそうで、1月22日の旧正月でおしまいです。 すぐにお参りにいってきました。 この3年間というと、世の中全体がコロナだったり戦争だったり、気候変動だったりで厄とか関係なく大変だったので厄ってどれだろう?という気がしないでもないのですが、それでも僕自身というか、僕の周りは結構いろんなよくないことも多く、それに伴って自分が厄年だと

僕にとっては(僕にとらなくてもとは思うんですが)大きな話題で、 ウィントン・マルサリスが2019年以来に来日公演を行います!→こちら 個人的に他のトランペッターのライブに行くのとはちょっと意味が違うように感じていて、とりあえず年明けから生徒さん全員にはこの話をしています(べつにスポンサーでもなんでもないんですが) 僕も前回に引き続きチケットを買って聴きに行く予定です。 世界屈指のテクニックをもった

bottom of page